日本におけるCVTの普及

スバル リニアトロニック(CVT) カットモデル

現在、国産車ではコンパクトカーや軽自動車を中心に、トランスミッションにCVTが広く採用されています。上記のような小型車のみならず、排気量2L以上のセダンやSUV、ミニバンなどに採用されるケースも少なくなく、日本はさしずめCVT大国と言えます。日本と同様にAT大国であるアメリカは、どちらかと言えばCVT向きではない大型車の割合が大きい事もあり、トルコン式が主流になっています。

日本でCVTが普及した背景

一方、欧州はMT車の比率が高い為か、ATには機構的にMTに比較的近いAMT(2ペダルMT)やDCTが採用されるケースが多くなっています。日本でこれ程までにCVTが普及した背景には、様々な要因が考えられます。まず、日本でトルコン式AT車が普及し始め、ようやくMT車との比率が逆転した当時は、トルコン式ATの効率は決して高いとは言い難いものでした。

ギア段数は3速か4速しかなく、トルコンのスリップも大きかった為、ユーザーはイージードライブと引き換えに、走行性能や燃費性能にはある程度の我慢を強いられました。そこに登場したのが、高効率を謳うCVTでした。1980年代に、まずスバルが国内メーカーとして初めて商品化し、日産もそれに続きました。

その後、CVT車のバリエーションは増え続け、殊にコンパクトカーや軽自動車においては、トルコン式を駆逐し主流となっていきました。CVTの特徴として、常時エンジンの最大トルク近辺の回転数を維持した走行が出来る為、特にパワーの限られた小排気量車に好適である事が挙げられます。

変速ショックがなくスムーズに車速が上がっていくCVTの特性

金属ベルトのスリップによる伝達ロスはあるものの、それでもかつての3速や4速のトルコンATなどよりも総合効率は勝っており、燃費性能においても凌いでいました。特に、燃費を気にするユーザーが多い日本では、この燃費面でのメリットが好意的に受け入れられたようです。又、機構上変速ショックがなく、スムーズに車速が上がっていくフィーリングが、日本人の繊細な感覚にマッチした事も普及の要因として考えられます。

一方、初期におけるCVTは低速域での制御に難があり、アクセルのオンオフ操作に伴いスナッチングが生じる事がありました。又、クリーピング現象がなかった為、坂道発進で一瞬後にずり下がる現象も起きました。しかし、現在では制御の改善やクリーピング現象の付加、坂道発進アシスト機能の搭載などにより、そうした欠点はほぼ解消されています。

それと、エンジンの回転が上がった後から車速が追い付いて来るような独特な癖も、現在ではかなり軽減されています。又、燃費面でのメリットにも更に磨きが掛かっている事もあり、日本におけるCVTの王座は、当面は揺るがないものと思われます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

自動車のコラム
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず