軽自動車の排気量が550ccから660ccに変わった背景

ホンダ ビート ’91

軽自動車は、黎明期においてはボディサイズ、排気量共に現在よりもかなり小さなものでしたが、数度に渡る規格改定の結果、現在の全長3.4m以下×全幅1.48m以下×全高2m以下、排気量660cc以下という規格に至っています。過去における規格改定の理由は、ボディに関しては居住性の改善や衝突安全性の向上が目的で、排気量の拡大はボディ拡大に伴う重量増加に対応する為でした。

800cc程度まで拡大するのが理想的だったが

しかしながら、現行規格が1998年に策定された際、衝突安全対策としてボディが一回り拡大されたにも関わらず、エンジンの排気量は据え置きのままとなりました。本来であれば、ボディ拡大による数十キロに及ぶ重量増に対応する為、エンジン排気量も800cc程度まで拡大するのが理想的でした。

しかし、当時、軽自動車をラインナップを持っていなかったトヨタと日産が、軽自動車の排気量拡大に反発し、スズキを除く軽自動車販売メーカーも、それに追従する形となりました。スズキ1社のみは、持前の反骨精神を発揮し、新規格軽自動車の排気量は770cc若しくは800ccが適切であると主張したものの、多勢に無勢で、結局排気量は660ccに据え置かれました。ここで、スズキ以外の軽自動車販売メーカーが排気量拡大に乗り気でなかったのは、意外に思われます。

その理由は、軽自動車が一人前の車格と性能を持つと、それより利幅の大きいコンパクトカークラスの販売が減少する事を恐れたのが真相のようです。そして、両者の棲み分けをはっきりさせる為に、排気量を据え置いた方がむしろ望ましいという判断が働いたものです。

その為、規格改定当初は確かに安全性は向上し、見た目も立派になったものの、動力性能は明確に低下しました。又、ボディサイズの面では、例え全幅が1.48mまで拡大されても、ヨーロッパのAセグメントコンパクトカーよりも狭く、側面衝突安全性の不足が懸念されました。

車庫証明が不要という特典を与え続ける為には

当時の運輸省の見解は、軽自動車に車庫証明が不要という特典を与え続ける為には、これ以上の全幅拡大は認められないというものでした。このように、やや不十分な衝突安全性と、不足気味の動力性という懸案事項を抱えながら、現行軽自動車規格はスタートしたのです。

しかし、現在においては、エンジンのテクロノジーの進歩に伴う実用トルクの向上や、トランスミッションの高効率化に伴い、ノンターボ車であっても過不足のない動力性能が確保されています。

又、衝突安全性に関しても、JNCAPのテストで五つ星を獲得する車種が現れるなど、ボディサイズから来るハンディを克服しつつあります。従って、現行の軽自動車規格は、取り回しの良さと必要十分な動力性能や安全性を両立した、落としどころとして悪くない規格と言う事が出来ます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

自動車のコラム
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ