10対0で相手が悪い衝突事故。それでも相手が逆上した理由は任意保険の未加入だった

plc0037
事故をしたのは、2014年2月でした。自分は、マツダの平成19年式デミオに乗ってました。それは、通勤途中でした。いつも抜け道に使っている狭い路地があるのですが案の定、朝の通勤ラッシュには少し渋滞します。最後尾にて停車していたところ、後ろからバコーン!とともに衝撃が伝わってきました。追突されたのでした。相手がすかさず出てくるかと思いきや何にもせず車で待機、このあたりでおかしな人だと感じました。とりあえず、こちらから出て行き指示を出し警察を呼び事故の処理をしました。

事故後少し経ってから首の痛みが

過失割合は完全に10:0です。(もちろん相手が10)書くものを書き連絡先を交換しました少し時間が経過したところ、どうやら首を痛めてしまったようで相手に連絡をとり医療機関を受診したいと伝えると、なぜか相手が激情し当人同士で話をするような事を無理やり言ってきました。本来ならば事故の話なんてする必要もないわけです。だいたい10:0なわけですし。なぜ相手が逆上したのかと言うと、おそらくお金が無いもしくは、任意保険に未加入が考えられました。

こちらの意思は伝えたのでまず病院(整形外科)を受診しました。ここで大事なのは自分の症状(痛み、異常感覚)をはっきりと言う事です。自覚症状でしか診断されないわけですから医師にちゃんと伝えるのが大事です。そして診断書を警察に持っていき人身事故として処理してもらいました。一連の流れを説明し、どういういきさつであったかも伝えました。このとき相手とのやりとりで何が有ったのかを警察に言うことも必要です。例えば、電話口でも恐喝じみたことを言われたようならそのこともはっきりと伝えるべきです。こうして事故処理は完結しました。

相手は任意保険未加入

次は、車です。走れる状態ではあったので、次の日に近所の車屋さんに持っていきました。そこでも、一連のやり取りを説明しました。車屋さんも任せときって言ってくれました。相手の連絡先を車屋に教えました。相手が逆切れするような人間であることを伝えると「そういう奴は大体任意保険に入ってないんだよ、だからゴチャゴチャ言うんだよ。だから、もう相手とのやりとりは僕に任せな。」って言ってくました。言葉に甘えさせてもらいました。

後日連絡があり、案の定相手は任意保険未加入でした。ここで大変だったのは、車の修理費、体の治療費どうするのという事です。ここでも車屋さんが動いてくれました。私の加入している保険会社と話をつけて頂いたのです。たちまちは、私の保険会社が負担し相手に請求するといった形で話がつきました。

何より車の任意保険へ加入を

こうしてなんとか、納得のいけるところに辿り着けた訳です。いくつか学んだことがあります。事故を受けた場合、ちゃんと警察を呼ばなければ、このように話は進まないでしょう。事故をしてしまった場合は紳士で誠実な対応しなければいけません。何より車の任意保険へ加入しなければいけません

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

自動車の事故 体験談
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるず編集部をフォローする
ビークルズ