ステップワゴン (初代 ’99)の口コミ評価:中古車購入インプレッション [RF1]

シェアする

ホンダ ステップワゴン '96

ホンダ ステップワゴン ’96

ホンダ初代ステップワゴンRF2平成11年式シルバーの4WDを中古で約65万円で購入しました。スピーディーというエアロ付のモデル。フォグランプやメーター周りなどスポーティな雰囲気が気に入りました。

家族が増えたこともあり、流行もミニバン押しであったので、型は古いですが自分の好きな車を乗ろうと決意しての購入でした。3列シートの回転対座(2列目シート)モデルでしたが、荷物を積む関係上の調整でしか使いませんでした。3列目シートは左右はね上げ式でサイドウインドが若干見ずらくなる以外は使いやすかったです。

20インチの折りたたみ自転車を積める

ラゲッジスペースも十分にあり、20インチの折りたたみ自転車を3列目シートをはねあげることなく積めることは嬉しかったです。

居住性は最高、とにかく広い。屋根が高いってこんなにもストレスフリーになるんだなと実感できました。フロントシートはフラット気味でコーナーでは踏ん張りがきかず、体が流れてしまうことはありましたが、直進走行時は快適そのものでした。2列目・3列目も同じようなつくり。残念だったのは、フロントシートのヘッドレストを外してもフルフラットにならなかったことです。これができたら完璧でしたね。

ウォークスルー仕様は、運転席から助手席側や後部座席側への移動がスムーズにさせてくれました。ステップワゴンの4WDはフルタイムではない、この点は雪国で運転する私には少し不安材料でしたが、通常時FFで前輪が空転すると4WDになる(スタンバイ式)ものでスタート時はまったくトラブルなくスタートすることができました。車重の関係もあるのか、これまで乗ったどの車よりも雪道での不安が少ない車でした。

座席は乗用車より高めで視認性がよく、先が見えやすいことは運転時のアドバンテージとなりました。居住性は先述したとおり広いと感じました。ただ、内張りが薄いことが少々気にはなりましたが、それもこの車の魅力なのかもしれません。

乗用車とほぼ同様の乗り方

多少コーナリングでの横Gが強いものの、ミニバンでありながら乗用車とほぼ同様の乗り方でいけましたから、女性の方でも運転しやすいでしょう。

加速感は鈍いですが、気持ちよく回るエンジンでレッドゾーン手前まで引っ張ることにより、素晴らしいダッシュを披露することができます。チューニングは、HKSスーパーパワーフローを自作パイピングで装着したのと、バキュームメーターをDIYで設置したことくらいでした。

人気車種でありますから情報も豊富で、パーツ探しも容易であるところも魅力のひとつですね。

車検についてですが、新車から11年経過していたのにもかかわらず「一日車検」でパスできたのは嬉しかったです。費用も8万円程で済みましたしね。

その後の車検ではさすがにきびしくなってきて、特に後輪ブレーキのサビがひどかったようで、要交換となってしまいました。

タイミングベルトの交換時期でもあったのですが、それほど年間走行距離が多くない私は交換せずにすごし、結局さらに次の車検時に再検討することに。

できる限り乗り続けようという気持ちでおりましたが、タイミングベルト交換のみならず、経年劣化しているものをすべて交換すると約40万円程費用がかかってしまうという見積もりを得て、泣く泣く車買換えの道を選択することにしました。この40万円を次の車の費用に足すためです。熟考しましたが、これも何かのご縁なのだと思いでの決断でした。

家族全員でステップワゴンで就寝したことも

ステップワゴンではスノーボードやキャンプをはじめとするレジャーやドライブ旅行中の車内泊など様々な用途で使うことができました。東日本大震災のあった後、二日間くらい全面停電となりましたので、夜は家族全員でステップワゴンで就寝したことも思い出のひとつです。ほんと助けられました。

10年選手であるにもかかわらず燃費は、走らせ方もあるかもしれませんがカタログと同じくらい(夏場11~12km/L・冬場9~10km/L)でいけましたし、経済的でした。オイル交換もほぼ年1回。若干固めのオイルを入れておりましたが、それでもこのパフォーマンスは素晴らしいの一言です。

「このステップワゴンはミニバンの歴史をスタートさせた」、といっても過言ではないでしょう。そんな車に乗ることができたことを幸せに思っています。最近はあまり見なくなってしまいましたが、どこかで会える日を楽しみにしております。→ステップワゴン総合情報へ

ステップワゴンの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ステップワゴンの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK