ホンダ プレリュード (初代 SN 1978-1982):ホンダを代表するスペシャリティカーのファーストモデル

ホンダ プレリュード 1978-83

ホンダ プレリュード 1978-83

ホンダの2ドアクーペ「プレリュード」の初代モデルは、1978年11月に発売されました。ハッチバック/セダンの「シビック」や「アコード」の大ヒットにより完全に4輪車メーカーとしての地盤を固めたホンダが、初めて投入したスペシャリティカーでした。又、2ドアクーペのボディ形状を持つ車種は、1974年に生産を終了した「145」以来でした。

新車購入ガイド:【2022最新】ヴェゼルの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

シンプルなスタイリング

スタイリングは、ロングノーズ・ショートデッキ及びワイド&ローのテーマを具現化したものでした。又、当時の流行に則った直線的なボディラインを取り入れると共に、加飾の少ないシンプルな造形が特徴でした。角型2灯式ヘッドランプを採用したフロントマスクや、角型のリアコンビネーションランプを配したリアビューも、スッキリとしたデザインに纏められていました。

ホンダ プレリュード 1978-83

ホンダ プレリュード 1978-83

ボディは、エンジンのサブフレームの一部を一体化させた軽量高剛性なモノコック構造が採用されました。ボディサイズは、全長4,090mm×全幅1,635mm×全高1,290mmで、同時代の同カテゴリーの車種である2代目「日産・シルビア」とほぼ同程度のサイズでした。ホイールベースはそれよりも短い2,320mmで、乗車定員は4人でした。

ホンダ プレリュード 1978-83

ホンダ プレリュード 1978-83

新車購入ガイド:【2022最新】ステップワゴン値引き 納期 乗り出し価格

スペシャリティカーでは稀なFF方式を採用

車両重量は、890kg~915kgと軽量に仕上げられていました。サスペンションは、前後マクファーソンストラット式による4輪独立懸架で、ブレーキは前:ディスク式/後:ドラム式でした。駆動方式は、シビックやアコードと同様のFFが採用されました。当時このカテゴリーの国産車はFRが一般的であり、FF車はドライバーズカーには不向きという風潮があった中で、稀な選択でした。

ホンダ プレリュード 1978-83

ホンダ プレリュード 1978-83

エンジンは1.8L直4 SOHC 8バルブ CVCC仕様のEK型のみの設定で、トランスミッションは5速MTと2速トルコン式AT「ホンダマチック」が用意されました。エンジンのスペックは、最高出力はMT車が90ps/5,300rpm、ホンダマチック車が85ps/5,300rpmで、最大トルクは共に13.5kgm/3,500rpmというもので、かつてのホンダ製スポーティモデルと比較すると平凡なスペックでした。

ホンダ プレリュードのCM (1978)

ユニークなインパネと電動サンルーフを採用

インテリア面では、直線的なデザインのインパネに「集中ターゲットメーター」と称するスピードメーターとタコメーターを同軸上に配したユニークなメーターが設置された他、ベースグレード以外に国産車初の電動式サンルーフが標準装備されました。そして1980年1月に、電動式スモークド・ガラスサンルーフ仕様車が追加されました。

ホンダ プレリュード 1978-83

ホンダ プレリュード 1978-83

次いで同年4月に初のマイナーチェンジを実施し、装備の充実を図った他、エンジンが酸化触媒付のCVCC-Ⅱとなりました。最高出力95ps/5,300rpm(MT車、ホンダマチック車共)、最大トルク14.5kgm/3,500rpmへと性能アップを果たすと共に、燃費も向上しました。同時に、ホンダマチックがOD付の3速となりました。

ホンダ プレリュード XXR 1981-83

ホンダ プレリュード XXR 1981-83

翌1981年10月に2度目のマイナーチェンジを実施し、インパネ形状の変更などが行われた他、前ベンチレーテッドディスク/後ディスクの4輪ディスクブレーキを備える最上級グレード「XXR」が追加されました。初代プレリュードは、国内販売台数こそさほど振るわなかったものの、並みのFRスポーティカーを遥かに凌ぐ優れたハンドリングが高く評価されました。

後継モデル:2代目プレリュード

ホンダ プレリュード (2代目 1982-1987):リトラを装備。スタイリングと走りが向上。人気モデルに [AB1/BA1]
ホンダの2ドアクーペ「プレリュード」は、1982年11月に4年ぶりのフルモデルチェンジを実施し、2代目となりまし...

新車購入ガイド:【2022最新】フリードの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

プレリュード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ