スバル ヴィヴィオTトップ/GXT (1993/1994):タルガトップ風ボディを採用した限定販売車 [KY3]

富士重工業は1993年5月、スバルブランド40周年を記念した特別仕様車として、軽自動車「スバル・ヴィヴィオ」のSOHC NA電子燃料噴射エンジン車をベースにタルガトップ風ボディを架装した「スバル・ヴィヴィオTトップ」を3000台限定で発売しました。追って1994年2月には、同ボディにSOHCメカニカルスーパーチャージャーエンジンを搭載する「GX-T」が1000台限定で発売されました。

「フリースタイル・マルチトップ」を採用

ボディは2ボックス型3ドア/5ドアハッチバックのベースモデルに対し、独立したトランクルームが備わる3ボックス型2ドアとなっていました。又、フロントマスクはTトップはハッチバックNAエンジン車と共通のデザインが、GX-TはハッチバックMSCエンジン搭載グレード「GX」と共通のフォグランプとスポイラーが備わるデザインが採用されました。

そして両モデルの最大の特徴は、ロールバー状のCピラーを残し手動で着脱する事が可能なハードトップと、電動昇降式のリアウィンドウが備わる「フリースタイル・マルチトップ」の採用でした。又、外観からは2シーターのように見えるもののミニマムなリアシートが備わり、法規上の乗車定員はハッチバックと同様4名となっていました。

ボディスペックは両モデル共に全長3,295mm×全幅1,395mm×全高1,380mm、ホイールベース2,310mmで、全高が5mm高くなった事を除きハッチバックと同一のディメンションでした。車両重量はTトップが730~740kg、GX-Tが780kgで、同一仕様のハッチバックよりやや重くなっていました。(※ハッチバックGXは730kg)

基本メカニズムはハッチバックと共通

サスペンションはハッチバック同様、フロント:L型ロアアーム・ストラット式/リア:デュアルリンク・ストラット式の4輪独立懸架が踏襲されました。駆動方式は両モデル共にFFで、ハッチバックに設定のあった4WDは用意されませんでした。エンジンはハッチバック同様660cc直4のEN07型で、トランスミッションはTトップには5速MTとECVT(CVT)が設定され、GX-TはECVTのみの設定でした。

エンジンの最高出力/最大トルクはTトップMT車が52ps/5.5kgm、同ECVT車が48ps/5.6kgm、GX-Tが64ps/8.6kgmで、いずれもハッチバックと同一のスペックでした。ブレーキは両モデル共にフロント:ディスク式/リア:ドラム式で、ホイール&タイヤはTトップが12インチスチールホイール+135SR12タイヤ、GX-Tが13インチアルミホイール+155/65R13タイヤの組み合わせでした。

その他の装備面では両モデルに大きな違いはなく、エアコンも共にマニュアル仕様でした。この両モデルの販売終了以降、同形式のボディを持つ車種は発売されておらず、希少価値の高いモデルとなりました。

軽自動車を購入検討中なら、こちらもチェック!

N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
(2020年7月2日更新) ホンダ 新型N-BOX/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型N-BOX...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
(2020年7月2日更新) ダイハツ 新型タント/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型タント/カス...
新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スズキ 新型スペーシアの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型スペーシアの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
スズキ ハスラーの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハスラーの...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず