フェラーリ 575Mマラネロ (2002-2005):550マラネロから性能向上を果たすと共にセミATを設定

シェアする

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリは2002年のジュネーブ・ショーで、「550マラネロ」の後継モデルとなるFRスーパースポーツ「575Mマラネロ」を発表しました。プラットフォームやボディなど基本コンポーネンツは550マラネロから受け継がれたものの、エンジンの排気量が拡大されパフォーマンス向上を果たした他、V12エンジン搭載車として初めてセミAT「F1マチック」が設定されました。

ボディはクーペのみを設定

ボディタイプは2ドア・2シーターのフィクスドヘッド・クーペのみの設定で、550に限定生産モデルとして追加されたオープン・ボディのスパイダーが用意される事は最後までありませんでした。デザインは引き続きピニンファリーナの手により行われ、基本的なスタイリングを550マラネロから踏襲しながらも、フロント廻りとホイールの意匠変更によりイメージの刷新が図られました。

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

Cd値は同一の0.33で、全長4,550mm×全幅1,935mm×全高1,277mmのボディサイズや2,500mmのホイールベースにも変更はありませんでした。一方、車両重量は40kg増加し1,730kgとなっていました。フロントに搭載されるエンジンは、550マラネロ/スパイダーの5.5L 65度V12DOHCをベースに排気量が5.7Lに拡大されると共に、圧縮比がそれまでの10.6:1から11.0:1まで高められました。

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

550から動力性能が向上

その結果、アウトプットは550マラネロ/スパイダーを最高出力で23HP、最大トルクで2.2kgm上回る508HP/7,250rpm・60.1kgm/5,250rpmに向上しました。トランスミッションは6速MTの他、前述のとおり6速セミATが用意され、AT車は「575MマラネロF1」と呼ばれました。ギアレシオは、ファイナルを含め550マラネロ/スパイダーと同一でした。又、同社のロードカーとして初のローンチ・コントロールが用意された事もトピックでした。

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

パフォーマンスは、最高速度が550マラネロより5km/h高い325km/h、0-60mph加速は0.4s短縮された4.2sとなりました。その他、電子制御可変ダンパー採用の4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションやラック&ピニオン式のステアリング形式、18インチのホイール&タイヤサイズなど基本的なコンポーネンツは550マラネロ/スパイダーから踏襲されました。

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

コンペティションモデルの追加

一方インテリアは、メーター廻りのデザインが550マラネロ/スパイダーから大きく変更されると共に、マルチインフォメーションディスプレイが追加されました。又、装備面では新たに電動式シートポジションメモリーが採用されました。そして2003年に、575Mマラネロをベースにコンペティション仕様とした「575GTC」が追加されました。

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

フェラーリ 575Mマラネロ 2002

エアロダイナミックなカーボン・コンポジット製ボディを架装し、車両重量が1,200kgまで軽量化されると共に、エンジンは排気量が6Lに拡大されアウトプットが最高出力605HP/6,300rpm・最大トルク74.4kgm/5,200rpmまで高められました。575Mマラネロは2005年に生産を終了し、翌2006年に後継モデル「599GTBフィオラノ」にバトンタッチされました。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK