トヨタ アバロン (初代 1994-2000):北米トヨタの最上級FFセダン [MCX10]

トヨタ アバロン 1995

トヨタ アバロン 1995

トヨタ自動車は1994年9月に、北米市場において1992年に生産終了となった「クレシーダ」に代わる最上級モデルとなる初代「アバロン」を発売しました。大柄なボディと広い室内スペースを持つFF方式の4ドアセダンで、生産はアメリカのケンタッキー州にあるトヨタ工場で行われ、日本にも1995年5月から逆輸入の形で右ハンドル仕様車が導入されました。

6ライトウィンドウ採用のボディ

スタイリングは、直線的なボディラインを持っていたクレシーダとは異なり、曲線を取り入れた流麗なフォルムが採用されました。又、4ライトウィンドウのクレシーダに対し、リアクォーターピラーに小さなウィンドウが備わる6ライトウィンドウである事も相違点でした。ボディサイズは全長4,845mm×全幅1,785mm×全高1,435mmで、「レクサス・LS」より一回り小さい程度の大きさでした。

トヨタ アバロン 1995

トヨタ アバロン 1995

ホイールベースは2,720mmで、車両重量は日本仕様で1,470~1,490kgでした。サスペション形式は4輪ストラット式で、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。エンジンは、新開発された3L V6DOHC24バルブの1MZ-FE型(最高出力200ps/5,400rpm・最大トルク29kgm/4,400rpm)のみが用意されました。

トヨタ アバロン 1995

トヨタ アバロン 1995

トランスミッションは、日本仕様はフロアシフトのフレックスロックアップ付き4速トルコン式ATとの組み合わせであったものの、北米仕様にはコラムシフト+ベンチシート仕様も用意されていました。装備面では、世界初のオプティトロンスペースビジョンメーターや電動チルト&テレスコピックステアリングなどが採用されました。

日本仕様のグレード体系はベースグレード「3.0」と上級グレード「3.0G」の2タイプで、安全装備として両モデルにABSや運転席SRSエアバッグシステム、トラクションコントロールが、更に3.0Gには助手席SRSエアバッグシステムが採用されました。又、快適装備としては、3.0GにクルーズコントロールやCDチェンジャーが標準装備されました。

トヨタ アバロンのCM

M/Cで性能や仕様が向上

そして1996年10月のマイナーチェンジで、内外装の変更や5.8インチディスプレイ採用のワイドマルチAVステーションの設定、エンジンのアウトプット向上(+10ps/0.5kgm)、ベースモデルにも助手席SRSエアバッグシステムの標準化などの仕様変更が実施されました。次いで1997年10月に2度目のマイナーチェンジが実施され、仕様が一部変更されました。

トヨタ アバロン 1995

トヨタ アバロン 1995

そして1999年6月に日本での販売を終了、北米向けモデルは2000年まで生産を継続した上で2代目モデルにフルモデルチェンジされました。又、同年オーストラリアでデザインを変更した初代アバロンの生産が開始され、2005年まで生産が継続されました。

トヨタのセダン購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタその他時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ