トヨタ カリーナ (7代目 1996-2001):安全装備を強化しGT系が復活するもラストモデルに [T21♯]

トヨタ カリーナ 1996

初代モデルが1970年にデビューしたトヨタのミディアムクラス「カリーナ」は、1996年8月に4年ぶり6度目のフルモデルチェンジを実施し、7代目となりました。時代の要求に従い安全装備が強化された他、先代で廃止されたスポーツツインカムエンジン搭載車が復活したものの、結果的にラストモデルとなりました。

衝突安全ボディを採用

スタイリングは先代からのキープコンセプトながら、ボンネットやボディ側面のキャラクターラインにより新鮮味が演出されると共に、衝突安全ボディ「GOA」が採用されました。ボディサイズは全長4,455mm×全幅1,695mm×全高1,400~1,420mmで、先代から全高が5~10m高くなったのみで他は同一、ホイールベースも同一の2,580mmでした。車両重量は1,100~1,310kgで、GOA採用に伴い先代よりも増加しました。

トヨタ カリーナ 1996

サスペンションは先代同様の4輪ストラット式を踏襲しつつ、フロントのみだったスタビライザーがリアにも装着されました。駆動方式はFF及びフルタイム4WDを踏襲し、エンジンは先代から引き継いだ直4DOHC「ハイメカツインカム」のガソリンユニット3種類と、5代目モデル以来の復活となる同「スポーツツインカム」ユニット、そしてターボ化された直4SOHCディーゼルの全5種類が用意されました。

トヨタ カリーナ 1996

搭載エンジンの詳細は、ガソリンが1.5Lの5A-FE型(最高出力100ps/最大トルク14kgm)、「GT」用1.6Lの4A-GE型(最高出力165ps/最大トルク16.5kgm)、1.8Lの7A-FE型(最高出力115ps/最大トルク15.8kgm)、2Lの3S-FE型(最高出力135ps/最大トルク18.5kgm)で、ディーゼルは2Lの2C-T型(最高出力88ps/最大トルク18kgm)でした。先代に設定のあった1.6Lリーンバーンの4A-FE型は廃止されました。

エアバッグ&ABSを標準装備

これらのユニットの内、フルタイム4WD車には3S-FE型と2C-T型が搭載されました。トランスミッションは、発売当初は先代同様の5速MTと4速トルコン式ATが各エンジンに設定されました。装備面では、SRSエアバッグシステムの他、先代では一部グレードのみに設定されたABSが全車に標準装備されました。又、「GT」にはエアロパーツや専用サスペンション、リアディスクブレーキなどが奢られました。

トヨタ カリーナ 1996

そして1998年8月にマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトを中心に外装のデザイン変更が行われると共に、ディーゼル車のエンジンが2.2L直4ターボの3C-TE型(最高出力88ps/最大トルク18kgm)に置換されました。又、「GT」のブレーキが強化されると共にホイール径が1インチアップ、同時にMT仕様のトランスミッションが「スプリンター・トレノ」と共通の6速となりました。

トヨタ カリーナ 1996

そして2001年12月に販売を終了、後継モデル「アリオン」にバトンタッチされ、31年の歴史に幕を下ろしました。

 

トヨタ プレミオ/アリオンの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

カリーナ
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車