日本で購入出来る200万円以下の輸入車

VW up! '11

VW up! ’11

輸入車と言えば、一般的には高額な車というイメージが浸透しています。そして、実際に輸入車の販売価格は、同クラスの国産車と比較すると割高である事は否めません。それは、輸送の経費や、日本向けに仕様や装備を変更する為に必要なコスト、インポーターの中間マージンなどが、価格に上乗せされるからです。

フォルクスワーゲン up!は154.8万円から

最近はメーカーやインポーターの企業努力もあり、リーズナブルな価格を実現した車種も登場しています。中には、200万円を切る手頃な価格の車種も存在します。そうした200万円以下で購入出来る輸入車の代表格として挙げられるのが、フォルクスワーゲンのコンパクトカー、「up!」です。up!の価格は、最廉価グレードで154.8万円、最上級グレードでも193.2万円と、輸入車としてはバーゲンプライスとも言える価格設定になっています。

up!と言えば、走る・曲がる・止まるの三要素がしっかり押さえられたコンパクトカーとして評価が高い車ですから、相対的に割安感があります。国産の同クラス車である「トヨタ・パッソ」と比較すると、同車の1Lモデルの価格は125.7万円~135.6万円ですから、up!は3~4割方高価になります。

しかし、走りの質感の高さや、パッソにはない衝突被害軽減ブレーキを搭載している事などを考慮すれば、法外に割高とは言えません。シングルクラッチ式AMTのフィーリングに癖があるのが難点ですが、それさえ納得が出来るなら、かなりお買い得な輸入車と言えます。

フィアット500も200万円を切る

フィアット 500 go and fun '15 (出典:fiat-auto.co.jp)

フィアット 500 go and fun ’15 (出典:fiat-auto.co.jp)

そして、up!以外にも200万円を下回る価格を実現している輸入車もあります。フィアットのコンパクトカー、「500」と「パンダ」がそれで、廉価グレードとして200万円を切るモデルが用意されています。具体的には、「500POP」と「パンダMT」(限定車)の両モデルが199.8万円、「500GO&FAN」(限定車)が179.2万円という価格になっています。Up!と比べると少し割高感があるものの、up!にはないイタリア車ならではの雰囲気が気に入った場合は、お値打ちと言えます。

韓国のマティスは88.8万円から

それから、かなりマイナーな車種となりますが、他にも200万円以下で購入出来る輸入コンパクトカーが存在します。韓国のファクトリーで生産されるGMのグローバルカー、「マティス/マティス・スパーク」は、88.8万円~145万円という、輸入車としては破格とも言える低価格を実現しています。これは、国産の軽自動車並みの価格で、輸入車=高価というステレオタイプな図式は、この場合全く当てはまらなくなります。

daewoo matiz m250 '07

daewoo matiz m250 ’07

しかし、マティスは0.8L~1Lエンジンを搭載するコンパクトカーながら、車体サイズや性能は軽自動車と同程度で、装備面ではむしろ劣っている上、当然ながら税制面での優遇もないので、評価の難しい車種です。デザイン面では国産車とは一味違う洒落た雰囲気があるので、この雰囲気がとても気に入った人や、どうしても人とは違う車に乗りたいという人にのみ、お薦めの車と言えそうです。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

自動車のコラム
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ