シボレー カマロ (6代目 2015):より濃密になったアメリカンFRクーペ

シェアする

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレーの2ドアスポーティカー「カマロ」の6代目となるニューモデルは、2015年5月に米国デトロイト市内のイベントショーにおいて初公開されました。現行型は2009年の発売なので、6年ぶりのリニューアルとなります。エクステリアデザインは現行型のイメージを踏襲するものの、車体の軽量化や最新テクノロジーの投入により、燃費・環境性能の改善が図られた事が特徴です。

ボディをダウンサイジング

スタイリングは、キープコンセプトのモデルチェンジ。5代目のマイナーチェンジ版と思える類似したプロポーションを持つものの、実際には外板の大半が新設計され、更なる空力特性を追求したものとなっています。ボディサイズは全長4,784mm×全幅1,897mm×全高1,348mmで、現行型よりもそれぞれ57mm×20mm×28mm縮小されています。

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

又、運動性を改善する為、ホイールベースも41mm短い2,814mmに設定されました。プラットフォームは、基本的に「キャデラックCTS/ATS」と共通ながら、70%がカマロ専用に設計されたものとなっています。又、各部にアルミニウムを多用した事により、現行型よりも最大で90kgの軽量化を果たした事も特徴となっています。

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

サスペンションは、新設計された前マルチリンク・マクファーソンストラット式/後5リンク式で、上級グレードの「SS」には、磁性流体減衰力制御システム「マグネティック・ライド・コントロール」がオプション設定されます。又、ブレンボ製大径ディスクブレーキが「SS」に標準装備され、「LT」にもオプション設定されます。

パワートレインを一新。ハイパワーと低燃費を両立

駆動方式はFRを踏襲する一方で、パワートレインは刷新されました。エンジンは、新設定された2L直4直噴ターボ、現行型に搭載される3.6L V6直噴NAの改良型、コルベットに搭載される6.2L V8直噴NAの3種類が用意されます。3.6Lエンジンは、気筒休止システム「アクティブ・フューエル・マネジメント」を採用し、燃費・環境性能を改善した他、最高出力・最大トルクが現行型の323ps/38.4kgmから335ps/39.3kgmに向上しています。

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

6.2Lエンジンは、最高出力・最大トルクが現行型の405ps/56.7kgmから455ps/62.9kgmに向上した他、コルベット同様のアクティブ・フューエル・マネジメントにより、こちらも燃費・環境性能が改善されています。又、2Lターボエンジンは、275ps/40.8kgmという十分以上なスペックと共に、カマロ史上最良となる燃費性能を実現しています。

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

様々な新機能を満載

トランスミッションは、全グレードに6速MTとパドルシフト付8速トルコン式ATが設定される他、SS用のMTにはシフトダウン時のブリッピング機能を備える「アクティブ・レブマッチ」が搭載されます。その他の機能では、3.6L及び6.2L車に、エンジンのメカニカルノイズをキャビン内に反響させる「メカニカル・サウンド・エンハンサー」が装備されます。

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

インテリア面では、様々な車両情報を表示する8インチディスプレイや、電子式パーキングブレーキ、24通りの調光が可能なLEDアンビエント照明などが新たに採用されています。又、3種類の走行モードを選択出来るドライブモード・セレクタが採用された他、4モードの排気音が選択出来る「デュアルモード・エキゾースト・システム」がオプション設定されます。

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

シボレー カマロ 2016 (出典:carscoops.com)

日本国内での具体的な発売日に関するアナウンスは現時点(2015年7月24日現在)ではまだないものの、現代のマッスルカーに相応しく走行性能と燃費・環境性能を両立させた新型カマロは、発売開始に向けて大きな期待を抱かせるものとなっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます