ダイハツ ムーヴコンテ (L575S L585S ’08-):直線的デザインの内外装が特徴のムーヴ派生モデル

シェアする

ダイハツ ムーブコンテ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ムーブコンテ 2015

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴコンテ」は、2006年に発売された4代目「ムーヴ」の派生モデルとして2008年8月に発売が開始されました。基本コンポーネンツをムーヴから流用しながらも、ムーヴと全く異なる直線基調かつキャラクタライズされたデザインの内外装を纏い、尚且つ前席の快適性を優先した設計となっている点が特徴になります。

ムーヴとプラットフォームやパワートレインを共有

5ドアハッチバックのボディは、モノボックス風フォルムのムーヴと異なり独立したボンネットが備わるボクシーな形状となる他、角度の立ったAピラーや水平なベルトラインなど、対照的なスタイリングになっています。又、標準モデルの他に、専用フロントグリルやフロントエアロバンパー、ブラック基調の内装などの採用によりクールなイメージを演出した「カスタム」が設定されます。

ダイハツ ムーブコンテ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ムーブコンテ 2015

ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,640mmで、ムーヴより若干全高が高く、プラットフォームを共有する為ホイールベースは同一の2,490mmとなっています。FFとオンデマンド式4WDが設定される点や、前:マクファーソンストラット式/後:トーションビーム式(FF)・3リンク式(4WD)のサスペンション形式もムーヴと共通で、車両重量もほぼ同一の820kg~930kgとなっています。

ダイハツ ムーブコンテ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ムーブコンテ 2015

エンジンは、これもムーヴと共通の0.66L直3NAのKF-VE型(最高出力58ps/7,200rpm、最大トルク6.6kgm/4,000rpm)と同ターボのKF-DET型(最高出力64ps/6,000rpm、最大トルク10.5kgm/3,000rpm)で、後者は最上級グレード「カスタムRS」のみに搭載されます。トランスミッションは、標準モデルが4速トルコン式AT又はCVT、カスタムはCVTのみの組み合わせとなります。

ダイハツ ムーブコンテ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ムーブコンテ 2015

インテリアは、センターメーターとインパネシフトを採用するムーヴとは異なり、直線的デザインのインパネにステアリング正面に位置するメーターが備わり、コラムシフトが採用されます。又、快適な座り心地を実現したプレミアムソファシートや、一部グレードに運転席パワーエントリーシートを装備する事が特徴となっています。居住性は室内高を除きムーヴより劣り、前席優先と割り切った設計思想になっています。

パワートレイン改良により燃費を改善

2010年5月に、4速トルコン式ATを採用するエントリーグレード「L」が廃止され、全車CVT仕様となりました。次いで2011年6月にマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトを行うと共に、全車に燃費性能を改善した第2世代KFエンジンを採用した他、「X」「カスタムG」にアイドリングストップ機構が採用されました。そして翌2012年4月に一部改良を行い、低燃費を実現する「e:Sテクノロジー」が導入されました。

ダイハツ ムーブコンテ L USⅡ  2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ムーブコンテ L USⅡ 2015

エンジンをリニューアルすると共に、停車前アイドリングストップ機構や減速エネルギー回生システム、メカニカルロスを低減した改良型CVTが採用されました。これらの変更に伴い、エンジンのスペックはNAが最高出力52ps/6,800rpm、最大トルク6.1kgm/5,200rpm、ターボが最高出力64ps/6,400rpm、最大トルク9.4kgm/4,000rpmに低下した一方で、燃費がグレードにより2~5.3km/L向上しました。

ムーブコンテ CM

次いで2013年7月、一部改良により内外装が変更されると同時に、パワートレインの改良による更なる燃費向上や、静粛性の改善が図られました。ムーヴコンテは、独自の個性を持つもののデビュー以来抜本的な改良が行われず、ベースモデルのムーヴが世代交代により基本性能や安全性能が大幅に進化しているのに対し、やや時代から取り残された存在になっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます