アルピーヌ(ルノー)A110 (’63-’77):1960年代のフランスを代表するRRスポーツ

シェアする

アルピーヌ A110 1963-77

アルピーヌ A110 1963-77 (出典:favcars.com)

かつてフランスに存在した自動車メーカー「アルピーヌ」が手掛けたスポーツモデルの中で、最も名高い車種が1963年にパリサロンでデビューを飾った2シータースポーツカー「A110」です。前身となったのは1956年に登場した「A108」で、A110はそのスタイリングのテイストを踏襲しつつ、シャシーや足回りを一新し完成度が高められました。当初は小排気量・小出力エンジンでスタートしたものの、後にパワーアップが図られました。

軽量ボディに小排気量エンジンの組み合わせ

スタイリングは、曲線を生かした優美なボディラインとバランスの取れたプロポーションを持ち、A108から更に洗練されたものになりました。ボディの素材はFRPで、ボディサイズは全長3,850mm×全幅1,460mm×全高1,130mmでA108より一回り拡大されたものの、同時代の「ポルシェ356」よりも一回り小ぶりなサイズでした。シャシーはルノー製セダン「8」の鋼管バックボーン型を流用し、ホイールベースはそれより短縮された2,130mmでした。

アルピーヌ A110 1963-77

アルピーヌ A110 1963-77 (出典:favcars.com)

サスペンションも同車のものを流用し、前:ダブルウィッシュボーン式/後:セミトレーリングアーム式の形式で、駆動方式もRRを踏襲しました。搭載されたエンジンはルノー製1L水冷直4OHVで、トランスミッションは5速MTが組み合わせられました。最高出力は僅か48psに過ぎなかったものの、車両重量が565kgと非常に軽量であった為パワーウエイトレシオは12kg/psを下回り、必要十分な性能が確保されていました。

次々と性能向上版が登場

そして翌1964年に1.1L版が登場、更に1965年にはルノー系チューナー「ゴルディーニ」がチューニングを手掛けた1.1Lエンジンを搭載する「1100ゴルディーニ」が発売されました。最高出力は初期の1L版の2倍の96psで、最高速度193km/hの性能を発揮しました。次いで1966年に、同じくゴルディーニチューンの1.3Lエンジンを搭載する「1300ゴルディーニ」が登場しました。

アルピーヌ A110 1963-77

アルピーヌ A110 1963-77 (出典:favcars.com)

エンジンは最高出力103ps、最大トルク11.9kgmのスペックで、車両重量は625kgと初期型より重くなったもののパワーウエイトレシオは6kg/ps余りと優秀で、最高速度198km/h、0-400m加速16.6sのパフォーマンスを発揮しました。次いで1967年、1.5Lエンジンを搭載する「1500」が追加されました。最高出力は70psと控えめで、トランスミッションも4速MTとなる大人しいモデルでした。

そして1968年、歴代A110の中でも最もポピュラーな存在となる1.6Lエンジン搭載モデル「1600S」が登場しました。最高出力129ps、最大トルク14.9kgmのスペックで、車両重量は760kgまで増加したもの、動力性能は最高速度204km/h、0-400m加速15sに向上しました。又、エクステリア面でも変更を受け、ノーズ部分に埋め込み型のドライビングランプが設置されました。

アルピーヌ A110 Rally Car

アルピーヌ A110 Rally Car (出典:favcars.com)

その後、外装の小変更やグレード体系の変更などが行われましたが、基本的なボディ形状に大きな変更はありませんでした。そして1971年に後継モデル「A310」がデビューしてからも、ラリー競技での活躍もあってA110は根強い人気を保ち、1977年まで生産が継続されました。フランスの古今のスポーツカーの中でもアルピーヌ・A110は代表格的な存在となっており、現在もヒストリックカーファンの間で人気車種となっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK