マツダ RX-8 (2003-2012):NAロータリー搭載の4ドアスポーツ [SE3P]

マツダ RX-8 '03

マツダ RX-8 ’03

2002年に「RX-7」が生産終了となり、一旦マツダ・ロータリーエンジン車の系譜は途絶えましたが、翌2003年4月、新たなロータリーエンジン搭載スポーツカーとして「RX-8」が発売されました。走りに特化したピュアスポーツモデルであったRX-7とは異なり、居住性にも配慮しグランツーリスモ的な性格を備えているのが特徴でした。

観音開き4ドアが特徴のボディ

マツダ RX-8 '03

マツダ RX-8 ’03

スタイリングは、低いボンネットフードや曲線的なボディラインなどはRX-7譲りでしたが、後席のスペースを拡大する為キャビンが大きく取られた事と、後部ドアを備える4ドア仕様になった事が大きな相違点でした。後部ドアは、「フリースタイルドア」と称する観音開きタイプで、かつピラーレス構造が採用されました。

マツダ RX-8 '03

マツダ RX-8 ’03

ドアノブが目立たないようインビジブル処理されている為、一見すると2ドアクーペのように見える点も特徴でした。後席の居住性は、オケージョナル2に過ぎなかったRX-7とは異なり、大人2人が長時間座る事の出来る空間が確保されていました。但し、後部ドアを開ける為には、先に前部ドアを開ける必要があるという使い勝手の制約がありました。

マツダ RX-8 '03

マツダ RX-8 ’03

ボディサイズは、全長4,435mm×全幅1,770mm×全高1,340mmで、前述した居住性重視の設計によりRX-7より一回り拡大されていました。それに伴い、車両重量も1,310kg~1,330kgと若干重くなりました。プラットフォームはRX-7と同じ型式を踏襲しつつ、ホイールベースを2,700mmに延長するなどの変更が加えられました。

エンジンがNA化され、安全装備が充実

エンジンは、13B型の系譜である13B-MSP型で、654cc×2ローターという基本構成は変わらないものの、ハイパワーを追求する為ターボチャージャーが装着されていたRX-7とは異なり、燃費性能・環境性能を重視した為NAとなりました。チューニングの相違により「スタンダード」と「ハイパワー」の2種類のユニットが用意され、最高出力と最大トルクは前者が210ps/7,200rpm、22.6kgm/5,000rpmで、後者が250ps/8,500rpm、22kgm/5,500rpmでした。

マツダ RX-8 '03

マツダ RX-8 ’03

トランスミッションは、スタンダードには5速MTと4速トルコンATが、ハイパワーには6速MTが組み合わせられました。駆動方式は、RX-7と同様フロントミッドシップによるFR方式で、前後重量配分50:50を実現していました。又、EBD(電子制御制動力分配システム)やDSC(横滑り防止装置)を装備するなど、安全装備も充実していました。

マツダ RX-8 Spirit- R '11

マツダ RX-8 Spirit- R ’11

2008年3月にマイナーチェンジが実施され、フェイスリフトとアルミホイールの大径化により外観のイメージを刷新すると共に、ボディ剛性の強化や空力特性の改善、エンジンの基本性能改善など、様々な変更が行われました。同時に、エンジンのスペックも変更され、最高出力と最大トルクはスタンダードが215ps/7,450rpm、22kgm/5,500rpm、ハイパワーが235ps/8,200rpm、22kgm/5,500rpmとなりました。又、ATが多段化され、6速となりました。

現時点で最後のロータリーエンジン搭載車

RX-8は、世界で唯一のロータリーエンジン搭載モデルとして稀少な存在であったと共に、実用性の高さとスポーツカーらしい操縦安定性を兼ね備えていました。しかし、燃費はRX-7よりは改善されたものの、9km/L~10km/Lという数値は決して芳しいものではなく、ロータリーエンジンの課題として最後まで残りました。

マツダ RX-8 Spirit- R '11

マツダ RX-8 Spirit- R ’11

そして、販売台数が徐々に減少していた為、合理化により2012年6月を持って生産終了となり、現時点では最後のマツダ・ロータリーエンジン搭載車となっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

マツダその他
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ