シトロエン エグザンティア (’93-’01):ハイドローリック・システムを踏襲したBXの後継モデル [X1/2]

シェアする

シトロエン エグザンティア 1993

シトロエン エグザンティア 1993 (出典:favcars.com)

シトロエンのミディアムクラスセダン/ワゴン「エグザンティア」は、「BX」の後継モデルとして1993年3月のジュネーブショーで発表されました。スタイリング面ではかつてのシトロエン車のようなアクの強さは薄れたものの、独自の油圧制御システムのハイドローリック・システムをBXから踏襲し更に進化させるなど、ワン・アンド・オンリーな個性は健在でした。

BXに続きベルトーネ・デザインを採用

ボディのデザインを手掛けたのは、BXと同様カロッツェリア・ベルトーネでした。まず最初に登場したセダンのスタイリングは、ファーストバックのBXとは異なりノッチバックの3ボックス型に変貌したものの、テールゲートを備える5ドア車である点は踏襲されました。そして2年後には、ステーションワゴンの「ブレーク」が追加されました。

シトロエン エグザンティア 1993

シトロエン エグザンティア 1993 (出典:favcars.com)

初期型の全長×全幅×全高は、セダンが4,445mm×1,755mm×1,400mm、ブレークが4,660mm×1,755mm×1,415mmでBXよりも一回り大きく、ホイールベースも延長され2,740mmとなりました。車両重量は最も軽いグレードで1,170kgで、同一排気量のBXより200kg程増加しました。サスペンション形式は、BXと同様のフロント:ストラット式/リア:トレーリングアーム式が踏襲されました。

改良版のハイドラクティブ・サスペンションを設定

シトロエン エグザンティア 1993

シトロエン エグザンティア 1993 (出典:favcars.com)

又、このサスペンションを動作させるシステムは、上級グレードには「XM」に搭載された電子制御式「ハイドラクティブ」に改良を加えた「ハイドラクティブⅡ」が、それ以外にはBX同様のハイドロ・ニューマチック・システムが採用されました。ブレーキは前輪がベンチレーテッド型の4輪ディスク式で、駆動方式はFFが踏襲されました。

シトロエン エグザンティアBreak 1995

シトロエン エグザンティアBreak 1995 (出典:favcars.com)

エンジンは発売当初は全て直4で、ガソリンが1.6L NA(最高出力90hp)、1.8L NA(最高出力103hp)、2L NA8バルブ(最高出力137hp)、同16バルブ(最高出力157hp)、同ターボ(最高出力150hp)の5種類、ディーゼルが1.9L NA(最高出力72hp)、同ターボ(最高出力93hp)の2種類の全7種類がラインナップされました。トランスミッションは、5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。

M/CでV6モデルを追加

そして1994年に初のマイナーチェンジが行われ、ABSやSRSデュアルエアバッグシステムなどが採用されました。次いで1998年に2度目のマイナーチェンジが行われ、エクステリア面ではノーズが延長されるモデファイが行われた他、セダンに3L V6エンジン(最高出力191hp)搭載車が追加されました。そして2000年に後継モデルの「C5」が発表された事に伴い、翌2001年に生産終了となりました。

シトロエン エグザンティアActiva 1994

シトロエン エグザンティアActiva 1994 (出典:favcars.com)

日本にはデビューしたその年に、まず2L NAエンジン(日本仕様は最高出力120ps/最大トルク18.3kgm)とATを搭載するセダンが導入され、1997年に同じパワートレインを搭載するブレークが追加されました。そして翌1998年には、3Lエンジン(日本仕様は最高出力190ps/最大トルク27.7kgm)が導入されると共に、2L車のスペックが最高出力130ps/最大トルク18.7kgmに向上しました。

トヨタ車の買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK