日産・フーガ(2代目 Y51 ’09-):ハイブリッドを追加し安全装備を大幅に強化

シェアする

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産のプレミアムセダン「フーガ」は、初代モデルが2004年に「セドリック/グロリア」の後継モデルとして登場、2009年11月のフルモデルチェンジにより2代目の現行型となりました。先代からエクステリアデザインを刷新した他、ハイブリッド車の追加などにより燃費を改善し安全装備を大幅に充実させるなど、時代の潮流に則ったプレミアムモデルとなっています。

FR車らしいスタイリング

スタイリングは、抑揚あるボディラインやロングノーズ化が図られたボンネットフードにより、FR車らしさが強調されたプロポーションとなっています。ボディサイズは全長4,945mm×全幅1,845mm×全高1,500mm、ホイールベースは2,900mmで、ホイールベースは先代から不変ながら15mm長く40mm広く10mm低いディメンションになり、安定感のあるフォルムを実現しています。

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

車両重量はやや増加し、1,690~1,890kgとなっています。サスペンションは、形式こそ先代同様のフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:マルチリンク式を踏襲するものの、乗り心地向上を図った新設計のものが採用されます。パワートレインは、2.5LのVQ25HR型(最高出力225ps/最大トルク26.3kgm)と3.7LのVQ37VHR型(最高出力333ps/最大トルク37kgm)の2種類のV6エンジンでスタートしました。

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

トランスミッションは全車7速トルコン式ATとの組み合わせで、燃費は先代から約10%改善されました。駆動方式はFRが基本で、3.7L車にはフルタイム4WDも設定されます。装備面では、「インテリジェントクルーズコントロール」「車線逸脱防止支援システム」「コーナーリングスタビリティーアシスト」「フォレストエアコン」といった安全・快適装備が設定されました。

グレード体系は、ベースグレード「250GT」「370GT」「370GT FOUR」の他、装備を簡略化した「Aパッケージ」、コンフォートサスペンションや本革シートが備わる「タイプP」、スポーツチューンドサスペンションや20インチアルミホイールなどが装備される「タイプS」が設定されます。更に最上級グレードとして、本木目パネルやセミアリニン本革シートが備わる「370VIP」がラインナップされます。

ハイブリッドを追加し、M/Cで安全装備を強化

そして2010年11月に、3.5L V6のVQ35HR型エンジン(最高出力306ps/最大トルク35.7kgm)とモーター(最高出力68ps/最大トルク27.5kgm)、そしてトルコンレス7速ATを組み合わせたパラレル型ハイブリッドユニットを搭載する「ハイブリッド」が追加されました。JC08モード燃費はガソリン車を大幅に凌駕する16.6Km/Lで、グレードはベースグレードと「VIPパッケージ」が設定されました。

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

次いで2012年2月に、ハイブリッドに廉価グレード「Aパッケージ」が追加されました。続いて2013年7月にハイブリッドを一部改良し、モーターの最大トルクを29.6kgmにアップするのなどのリファインによりEV走行領域を拡大、燃費が18km/Lに向上しました。そして2015年2月にマイナーチェンジを実施し、フロントマスクとリア周りのデザインが刷新されました。

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 フーガ 2016 (出典:nissan.co.jp)

同時に安全装備が大幅に強化され、全車に移動物検知機能付「アラウンドビューモニター」が、「Aパッケージ」を除く各グレードに「前方衝突予測警報」「エマージェンシーブレーキ」「後側方車両検知警報」「後側方衝突防止支援システム」「後退時衝突防止支援システム」が標準装備されました。又、乗り心地の改善や静粛性の向上、リアシートの形状変更なども行われました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます