フォルクスワーゲン ニュービートル (’98-’10):新車購入インプレッション/評価

シェアする

自分が乗っているのはフォルクスワーゲン社のニュー・ビートルと言う車種です。当時新車で買いましたので、購入価格は300万くらいでした。

2.5リッターノンターボ150PS、6速AT。150馬力でユーモラスな見た目と裏腹に力強い走りをします。坂道なんかもぐいぐい登っていくし、山道でも力強く走る事ができます。こんな顔して峠攻める?みたいな顔で見られたりもしますが、実はこの車、ポルシェのエンジン載せることだってできちゃうんですよ。

見た目にはちょっと狭そうですが

内装もしっかりしているのですが、外国車という事もありハンドルがちょっと重いかなと言うのが印象です、見た目はちょっと小さ目なんですが乗ってみると意外なもので、ちょうど自分が乗った位置に天井の最高部がくるので狭さを感じさせません。外国仕様なので座席もグーッと後ろまで下がります。

ただ、その場合後部座席に乗った人は可哀そうかもしれません。ビートルは2人くらいで乗るのが一番気持ちよく乗れるんじゃないかなと自分は思っています。乗り心地も良いですし、パワーも申し分ないです。

細かいトラブルは多い

外国産の車なので修理に関してはちょっと大変なんですが、自分が故障した所は、電気系統の故障でした、シートベルトのランプが点灯しない、ブレーキランプが点かない等ありました、ディーラーに持って行かないと修理ができないのと国産でない為修理費が高くつきます。

個人的な感想になってしまうのですが、この車の良いところはとにかく見た目だと思うんです、パッと見だと後ろと前を間違えてしまいます、実際に夜仕事が終わって疲れていた時に、運転席に回ったと思ったら助手席側に立ってる自分がいたのを覚えています・・・。

黄色いニュービートルは人気者

どんな車かは走っていればすぐわかるようなフォルムですのですぐ想像がつくはずです、しかも私が乗っているのは色が黄色という事もあって、幼稚園の前や横断歩道で子供たちの集団がいると物珍しそうな顔で見てきます、なかには『黄色いへんなくるまー』なんて言われることもしばしばあります。

前にドライブに行った時の話なんですが、某PAで休憩していたところ急に話しかけられ、『すいません写真撮らせてもらっていいですか?』なんて言われたんですよ、どうぞと言った後、嬉しそうに写真を撮って、撮り終わった後に『黄色いビートル見ると幸せになれるんですよね!』なんて言われました。乗っていた私ですらそんなこと知らなかったのに。

そんな黄色いビートルを愛車に今は色んな所に旅行に行ったりして楽しんでます。皆さんにもぜひ乗ってもらいたい1台ですね。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます