フェラーリ 360モデナ/スパイダー (’99-’05):F355後継のV8ミッドシップ

シェアする

フェラーリ 360モデナ 1999

フェラーリ 360モデナ 1999 (出典:favcars.com)

フェラーリは「F355」の後継モデルとして、同じくMR方式を採用しフィクスドヘッドクーペ・ボディを持つ「360モデナ」を1999年に、追ってオープン・ボディ版の「360スパイダー」を2000年に発売しました。プラットフォームがF355の鋼管モノコックフレーム構造からアルミスペースフレーム構造に一新された他、ボディや足回りにもアルミが採用されるなど、軽量化に注力された点が特徴でした。

ボディが拡大されるも軽量に

ボディのデザインはF355同様ピニンファリーナの手により行われ、フォルムは直線基調のF355から曲線基調へと変化した他、ヘッドランプがリトラクタブル式から固定式に変更されました。ボディサイズは全長4,490mm×全幅1,925mm×全高1,215mmで、F355よりも一回り拡大されると共に、ホイールベースも150mm延長され2,600mmとなりました。

フェラーリ 360モデナ 1999

フェラーリ 360モデナ 1999 (出典:favcars.com)

車両重量はモデナが1,430kg、スパイダーが1,390kgで、F355ベルリネッタ/スパイダーからそれぞれ10kg/100kg軽量化されました。エンジンは、F355の3.5L V8DOHCをストロークアップにより3.6Lに拡大した物が搭載され、11.0:1の圧縮比は同一ながらF355を最高出力で19HP、最大トルクで1kgm上回る394HP/8,500rpm・38kgm/4,750rpmのアウトプットを発生しました。

フェラーリ 360モデナ 1999

フェラーリ 360モデナ 1999 (出典:favcars.com)

トランスミッションは6速MTの他に、F355に引き続き「F1マチック」と呼ばれる6速セミATが用意されました。F1マチックはF355に搭載された物からリファインされ、シフトダウン時のブリッピング機能が追加されていました。尚、F1マチック搭載車は「360モデナF1」及び「360スパイダーF1」と呼ばれ、MT車と区別されました。

フェラーリ 360モデナ 1999

フェラーリ 360モデナ 1999 (出典:favcars.com)

360モデナのパフォーマンスは、最高速度はF355と同一の295km/hで、0-100km/h加速は0.2s短縮され4.5sとなりました。一方360スパイダーは、最高速度がそれより5km/h低い290km/hでした。サスペンション形式はF355同様の4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲され、ステアリング形式も同様にラック&ピニオン式が採用されました。

フェラーリ 360スパイダー 2000

フェラーリ 360スパイダー 2000 (出典:favcars.com)

サーキット専用モデルとそのロードバージョンも用意

又、360モデナのデビューと同時に、サーキット専用モデルの「360チャレンジ」も発売されていました。エンジンのスペックはモデナと同一ながらECUのセッティングが変更された他、トランスミッションはF1マチックのみが設定されました。そして足回りやブレーキが強化されると共に、ボディの徹底的な軽量化が図られ車両重量は1,170kgまで軽減されていました。

フェラーリ 360モデナ 1999

フェラーリ 360モデナ 1999 (出典:favcars.com)

更に2003年には、この360チャレンジをベースに公道走行を可能とする仕様変更を行った「360チャレンジ・ストラダーレ」が発売されました。車両重量は1,280kgに増加したものの、最高出力が419HP/8,500rpmに向上し、最高速度がモデナから5km/hアップの300km/h、0-100km/h加速は0.1s短縮された4.4sのパフォーマンスを実現しました。

フェラーリ 360モデナ 1999

フェラーリ 360モデナ 1999 (出典:favcars.com)

そして、2004年に後継モデルとなる「F430」がデビューした翌2005年、360シリーズは生産終了となりました。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます