フェラーリ 365GT4/BB (’73-’76):V12気筒ミッドシップでスーパーカーブームをけん引

シェアする

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76 (出典:favcars.com)

フェラーリは1971年のトリノ・ショーで、ライバルメーカーのランボルギーニやマセラティなどからリリースされている高性能スポーツカーを凌駕する新たなスーパースポーツとして、「365GT4/BB」を発表しました。それまでの365GTB/4が60度V型12気筒エンジンをフロントに搭載していたのに対し、365GT4/BBではバンク角が180度に変更されると共にミッドシップ方式が採用されました。

デザインはピニンファリーナが担当

ボディタイプは、スパイダーも用意された365GTB/4と異なりクーペのみの設定で、デザインは引き続きピニンファリーナに委託されました。スタイリングは、リトラクタブルヘッドランプの採用こそ共通であったものの、エンジン搭載位置の変更に事に伴いノーズが短縮されると共にリアデッキが延長されるなど、プロポーションは大きく変貌しました。

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,360mm×全幅1,800mm×全高1,120mmで、365GTB/4と比較するとワイド&ローなディメンションになっていました。ホイールベースは100mm長い2,500mmに設定され、車両重量は若干軽量化され1,235kgとなりました。エンジンはバンク角変更の他、カムシャフトの駆動方式がチェーン式からタイミングベルト式に変更されるなどの仕様変更が行われました。

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76 (出典:favcars.com)

排気量は従来のV12モデル同様の4.4Lで、圧縮比も同一の8.8:1であった一方、キャブレターは365GTB/4のウェーバー38DCOE×6基からウェーバー40IF3C×4基に変更されました。スペックは最高出力375HP/7,200rpm・最大トルク44kgm/3,900rpmで、365GTB/4から最高出力が23HP向上しました(最大トルクは同一)。又、組み合わせられる5速MTは、ギアレシオがファイナルも含め変更されました。

カタログスペック上では世界最速

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76 (出典:favcars.com)

最高速度はカタログスペックで302km/hと謳われ、365GTB/4の278km/hは勿論、「ランボルギーニ・カウンタック」の300km/hをも凌ぎ市販車世界最速となりました。しかし、北米仕様の最高速度は282km/hとなっており、実際はそちらが実測値に近いとされています。又、加速性能は365GTB/4から若干低下し、0-60mph加速タイムは0.6s遅い6.5sとなっています。

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76 (出典:favcars.com)

その他の機構面では、サスペンション形式は365GTB/4同様の4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲され、ホイールとタイヤのサイズも同一の7.5L×15ホイール+215/70VR15タイヤが採用されました。その一方で、ステアリング形式はそれまでのリサーキュレーティング・ボール式からラック&ピニオン式に変更された他、4輪ディスクブレーキはベンチレーテッドタイプにアップグレードされました。

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76

フェラーリ 365GT4/BB 1973-76 (出典:favcars.com)

そして1976年に、V12ユニットの排気量4.9Lに拡大し実用トルクの向上を図ったマイナーチェンジ版「512BB」にバトンンタッチされ、生産を終了しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます