BMW M5 (3代目 E39 1998-2004):パワートレインを一新しパフォーマンスが一段と向上

BMWは1998年、1995年に4代目へとフルモデルチェンジされたアッパーミディアムモデル「5シリーズ」をベースとしたハイパフォーマンス版、E39型「M5」をリリースしました。先代E34型からパワートレインが一新され、パフォーマンスが一段と向上したほか、安全装備などの強化も図られました。

専用エアダムバンパーを採用

ボディタイプは4ドアセダンのみの設定で、先代に設定のあった5ドアステーションワゴン版「M5ツーリング」は廃止されました。スタイリングはボクシーなイメージだった先代から一転、曲線を取り入れた流麗なフォルムに変貌しました。また、専用フロントエアダムバンパーや4本出しマフラーなどの採用により、5シリーズとの差別化が図られていました。

空力特性の指標となるCd値は0.31で、先代から0.01ポイント改善されました。ボディサイズは全長4,784mm×全幅1,800mm×全高1,437mmで、先代から一回り拡大されました。ホイールベースは先代比で70mm長い2,830mmで、車両重量は70kg増加し1,795kgとなっていました。サスペンション形式はフロントはストラット式を踏襲し、リアはセミトレーリングアーム式からインテグラルアーム式に変更されました。

歴代モデル初のV8エンジンを搭載

駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは先代の3.8L直6DOHC24バルブNAに代わり5L V8DOHC32バルブNAが搭載されました。スペックは最高出力400ps/6,600rpm・最大トルク51kgm/3,800rpmで、先代から60ps/10.2kgmの向上を実現していました。組み合わせられるトランスミッションには、従来の5速MTに代わり6速MTが採用されました。

パフォーマンスは、最高速度はリミッターの介入により先代と同一の250km/hに留まったものの、0-100km/h加速タイムは0.6s短縮され5.3sとなりました。ブレーキはフロントに354mm径、リアに328mm径のディスクローターが備わる4輪ベンチレーテッド・ディスク式で、タイヤは先代よりもワイドかつ大径のフロント:245/40ZR18/リア:275/35ZR18が装着されました。

また、走行性能向上に係る機構として、トラクションコントロールやリミテッドスリップデフが標準装備されました。一方安全装備面では、従来のSRSデュアルエアバッグシステムやABSに加え、SRS ITS&リアサイドエアバッグシステムや車両安定化制御システム「DSC」などが採用されました。

また、快適・豪華装備としてレザーシートや運転席パワーシート、ウッドパネル、サンルーフ、クルーズコントロールなどが標準で備わっていました。そして2004年、5シリーズのフルモデルチェンジにともない生産を終了、同年新型5シリーズをベースとしたE60型M5がリリースされました。

E39型M5の日本市場初上陸は1999年4月で、それまでと同様左ハンドル仕様のみが用意されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

Mシリーズ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ