BMW M5 (4代目 E60/61 2004-2010):V10エンジン搭載によりパフォーマンスが一段と向上

BMWは2004年7月、同年5代目へとフルモデルチェンジされたアッパーミディアムモデル「5シリーズ」をベースとしたハイパフォーマンス版、E60型「M5」を発表しました。先代E39型からパワートレインを一新、量産セダンとして世界初のV10エンジンが採用されました。それにより、定評のあったパフォーマンスがさらに向上しました。

電子制御ダンパーを採用

ボディタイプは当初4ドアセダンのみの設定で、スタイリングは先代からフロントまわりの造形が刷新されるとともに、グラマラスなフォルムに変貌するなどイメージが一新されました。また、専用のフロント&リアエプロンやワイドフェンダー、4本出しマフラーなどの採用により、5シリーズとの差別化が図られていました。空力特性の指標となるCd値は、先代と同一の0.31でした。

ボディサイズは全長4,855mm×全幅1,846mm×全高1,469mmで、先代から一回り拡大されました。ホイールベースは先代比で60mmほど長い2,889mmで、車両重量は35kg増加し1,830kgとなっていました。サスペンション形式は、先代同様のフロント:ストラット式/リア:インテグラルアーム式が踏襲されるとともに、電子制御可変ダンパーの「EDC」が採用されました。

100ps以上のパワーアップを実現

駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは先代の5L V8DOHC32バルブNAに代わり5L V10DOHC40バルブNAが搭載されました。スペックは最高出力507ps/7,750rpm・最大トルク53kgm/6,100rpmで、先代から107ps/2kgmの向上を果たすとともに、より高回転型の性格に変貌しました。組み合わせられるトランスミッションは、従来の6速MTに代わり「SMG」と呼ばれる7速AMTが採用されました。

また、2つの走行モードを選択できる「DSC」(ドライビング・ダイナミクス・プログラム)が採用されたほか、最高出力の設定を400psと507psに切り替えられる「パワーボタン」が装備されました。パフォーマンスは、最高速度は通常リミッターの介入により先代と同一の250km/hに留まるものの、リミッターを解除した場合330km/hに達しました。

0-100km/h加速タイムは4.7sで、先代から0.6s短縮されました。ブレーキは、フロントが374mm、リアが370mmに大径化されたディスクローターが備わる4輪ベンチレーテッド・ディスク式が装備され、タイヤは先代よりもワイドなフロント:255/40ZR19/リア:285/35ZR19が装着されました。

また、走行性能向上に係る機構として、新たにCBC(コーナーリング・ブレーキ・コントロール)やEBV(エレクトロニック・ブレーキ・フォース・ディストリビューション)が採用されました。一方インテリア面は、専用デザインのインパネやセンターコンソール、「M Drive」ボタン付きのステアリングホイールなどが採用されました。

その後2007年に、5ドアステーションワゴン版の「M5ツーリング」が追加されました。そして2010年、5シリーズのフルモデルチェンジにともない生産を終了、翌2011年に新型5シリーズをベースとしたE10型M5がリリースされました。E60型M5の日本市場初上陸は2004年11月で、従来の左ハンドル仕様に加え右ハンドル仕様が選択できるようになりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

Mシリーズ
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車