BMW M6グランクーペ (F06 2013-):M6シリーズ第3のバリエーションとして誕生

BMWは2013年、「6シリーズ」をベースとしたハイパフォーマンスモデル「M6」に、2ドアクーペ、2ドアカブリレオに続く新たなボディ・バリエーションとなる「グランクーペ」を追加しました。プラットフォームやパワートレインなど基本コンポーネンツはクーペ/カブリオレと共通で、同様に高い走行性能を持っていました。

4ドアクーペ型ボディを採用

ボディタイプは4ドアクーペで、エクステリアは一足先に発売されたベースモデル「6シリーズ・グランクーペ」同様、2ドアクーペの延長線上にある流麗なフォルムを備えていました。さらに、大型エアインテーク採用のフロントエプロンや専用ワイド・フロントフェンダー、リアディフューザー付きリアエプロン+デュアルエキゾーストなどにより、ベースモデルとの差別化が図られていました。

ボディ・サイズは全長5,015mm×全幅1,900mm×全高1,395mmで、M6クーペとの比較では全長が210mm、全高が20mm拡大されていました。また、ホイールベースは115mm延長され2,965mmとなっていました。サスペンション形式は、ベースモデル同様のフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:インテグラルアーム式が踏襲されました。

走行性能を高める装備を採用

その一方で、Mモデルならではの装備として電子制御サスペンションの「ダイナミックダンピングコントロール」が採用されました。駆動方式はM6クーペ/カブリオレ同様にFRのみの設定で、エンジンもそれらと共通の4.4L V8DOHCツインターボ(最高出力560ps/6,000rpm・最大トルク69.3kgm/1,500-5,750rpm)が搭載されました。

トランスミッションも同様に、7速デュアルクラッチ式の「M DCT Drivelogic」が搭載されました。パフォーマンスは最高速度250km/h(リミッター作動)・0-100km/h加速4.2sというMの名に恥じない優秀なもので、さらにオプションの「Mドライバーズパッケージ」を装着した場合、最高速度は305km/hに達しました。

また、燃費改善対策としてアイドリングストップ機構も採用されました。そのほか走行性能向上に係る装備として、トラクション性能を向上させる「アクティブMディファレンシャル」が採用されました。また、4輪ベンチレーテッド・ディスク式のブレーキには、高い制動力を発揮する「Mコンパウンド・ブレーキシステム」が採用されました。

一方室内は、2ドアクーペ/カブリオレが4人乗りであるのに対し5人乗りとなるほか、後席の居住性も向上していました。また、M専用デザインが採用されるインパネには、これもM専用となるフルカラーのヘッドアップディスプレイが標準装備されました。日本市場では2013年1月に受注が開始され、同年5月からデリバリーが開始されました。ステアリングホイールの位置は、右と左を選択することができました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

Mシリーズ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ