新型クラウン購入ガイド 値引き/納期/リセールバリュー/長所短所を総合評価

トヨタ 新型クラウンの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型クラウンの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、クラウンの長所・短所など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセールバリューなど購入後の情報を記載しています。

そして、値引きやリセールバリューなどを基にクラウンのお買い得度を総合評価しています。

トヨタ 新型クラウンはどんなクルマ?

トヨタ クラウン 特別仕様車 S“Elegance Style”(2.5L ハイブリッド車)(ホワイトパールクリスタルシャイン)

1955年に初代モデルがデビューしたトヨタの高級セダン「クラウン」は、その歴史の後半から「ロイヤルシリーズ」と「アスリート」の2系統に分かれ、2012年12月に発売された14代目まで受け継がれてきました。

そして2018年6月に15代目クラウンがデビュー。これまでのロイヤルとアスリートを廃止し、外観イメージをほぼ同一とし、標準モデルとスポーティなRSという名称に変更しました。また、トヨタが推し進める「コネクティッド」という通信技術を採用した初めてのモデルとなっています。

クラウンのCM

【CM】トヨタ クラウン

新型クラウンの値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない 5~10万円
競合を絡ませて値引き交渉 20~28万円
徹底値引き交渉・オプション多数 29~40万円

クラウンの値引き難易度:B

(A:甘い ~ E:厳しい)

国内における高級セダン市場において圧倒的なブランド力を誇るクラウン。販売状況も落ち着いてきており値引き交渉もしやすくなってきました。車両価格が高い車なので、粘り強く交渉して大きな値引きを引き出しましょう。

新型クラウンの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

販売状況も落ち着き、クラウンの納期は標準的となっています。

新型クラウンの値引き相場と納期がわかったら、次にすべき事

トヨタ クラウン 2018 RS Advance(2.0L ターボガソリン車)

「新型クラウンの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型クラウンの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型クラウンを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

クラウン/ハイブリッドのグレード別 新車価格

2.0L直4ターボ

2WD(FR)、スーパーインテリジェント8速オートマチック

グレード 税込価格
2.0 B 4,691,500円
2.0 S 4,834,500円
2.0 S“C package” 5,032,500円
2.0 G 5,516,500円
2.0 RS-B 5,093,000円
2.0 RS 5,280,000円
2.0 RS Advance 5,698,000円

ハイブリッド(2.5L直4)

2WD(FR)、TOYOTA Hybrid System Ⅱ

グレード 税込価格
2.5 S 5,071,000円
2.5 S“C package” 5,252,500円
2.5 G 5,725,500円
2.5 RS 5,516,500円
2.5 RS Advance 5,907,000円

4WD、TOYOTA Hybrid System Ⅱ

グレード 税込価格
2.5 S Four 5,291,000円
2.5 S Four“C package” 5,472,500円
2.5 G Four 5,945,500円
2.5 G-Executive Four 6,440,500円
2.5 RS Four 5,736,500円
2.5 RS Advance Four 6,127,000円

ハイブリッド(3.5L V6)

2WD(FR)、マルチステージ・ハイブリッド・トランスミッション

グレード 税込価格
3.5 S 6,352,500円
3.5 G-Executive 7,320,500円
3.5 RS Advance 7,034,500円

特別仕様車

グレード 税込価格
特別仕様車 HYBRID
2.5 S“Sport Style”
5,293,200円
特別仕様車 HYBRID
2.5 S Four“Sport Style”
5,513,200円
特別仕様車
2.0 S“Sport Style”
5,073,200円
特別仕様車
2.5 S“Elegance Style”
5,293,200円
特別仕様車
2.5 S Four“Elegance Style”
5,513,200円
特別仕様車
2.0 S“Elegance Style”
5,073,200円

※価格は2019年10月13日現在のメーカー小売希望価格(消費税10%込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

新型クラウンのグレード選び

新型クラウンのパワートレイン

パワートレインはハイブリッドが2.5L直4+モーターと3.5L V6+モーター、ガソリンエンジンは2.0L直4ターボの3種類となります。4WDは2.5Lハイブリッドに設定されています。マニュアルトランスミッションの設定はありません。

新型クラウンのグレード構成

2Lターボのみに設定されているエントリーグレードの「B」をはじめ、標準モデルには「S」「G」、スポーティグレードは「RS」「RS Advance」、ラグジュアリーモデルとして「G-Executive」が設定されています。

新型クラウンの価格帯

2WDでの価格は、「2.0 B」の4,691,500円から「3.5 G-Executive」の7,320,500円までで、価格差は263万円となっています。

新型クラウンのおすすめグレード

クラウンの豪華さとスポーティさを楽しめ、ハイブリッドによる低燃費も併せ持つ「HYBRID RS Advance」がおススメグレードとなります。

新型クラウンの見積り 乗り出し価格

おススメグレードの「クラウン HYBRID RS Advance」(ハイブリッド、2WD)に以下の装備を選択したケース

  • フロアマット(ロイヤルタイプ):¥55,000
車両価格(HYBRID RS Advance) ¥5,907,000
販売店装着オプション価格 ¥55,000
自動車税 ¥18,100
環境性能割 ¥0
自動車重量税 ¥30,000
減税額 -¥30,000
自賠責保険料 ¥36,780
販売諸費用(参考価格) ¥66,939
リサイクル料金 ¥12,050
合計(乗り出し価格) ¥6,095,869

フロアマットのみのプレーンなオプションを装備した価格は上記となります。標準的な値引き交渉で25万円と端数をカットしてもらった場合、C-HRの乗り出し価格は584万円となります。

(見積りは2019年10月17日時点)

クラウンの実燃費(2名乗車時の目安)

2.5Lハイブリッド車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 17~20km/L
郊外・幹線道路 16~19km/L
市街地 13~16km/L

ガソリン車の実燃費(2.0Lターボ)

走行シーン 燃費
高速道路中心 14~16km/L
郊外・幹線道路 11~14km/L
市街地 8~11km/L

クラウンのリセールバリュー:4.0 (5段階評価)

クラウンの属するEセグメントセダンは新車市場、中古車市場ともに人気は標準的ですが、クラウン非常に人気モデルである事とモデルライフ初期である事から、リセールバリューが非常に高くなっています。

短期的な買い替えならモデルが現行のままであるため、リセールバリューは非常に高く、5年以上など長期保有後のリセールバリューはフルモデルチェンジを挟む可能性があり期待値が少し低くなります。

クラウンのマイナーチェンジ/特別仕様車/フルモデルチェンジ情報

2016年8月29日 アスリートに特別仕様車“G-FRONTIER”追加

トヨタ店創立70周年を記念し、“アスリート”シリーズに特別仕様車“J-FRONTIER”を設定。全国のトヨタ店を通じて、8月29日より発売。

特別仕様車“J-FRONTIER”の主な特別装備

  • フロントグリル&リヤライセンスガーニッシュ : サテンメッキ仕様
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール : ブラックレイヤーウッド(本木目)
  • ウルトラスエード×本革シート表皮
  • 内装色:モスグレー(特別設定色)
  • 外板色:ホワイトパールクリスタルシャイン ほか全6色
  • 外板色:JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE(全12色)

2018年6月26日 フルモデルチェンジで15代目に

トヨタ クラウン 2018 RS Advance(2.0L ターボガソリン車)

TNGAプラットフォームの新採用、トヨタが推進する通信技術「コネクティッド」の初代モデルとなるなど、大規模なフルモデルチェンジとなりました。

トヨタ クラウンがフルモデルチェンジ 走行性能とコネクティッドに注力
トヨタは、クラウンをフルモデルチェンジし、全国のトヨタ店(東京地区は東京トヨタならびに東京トヨペット)を通じて、...

 

btn_8190_600x100

クラウンの競合はコレ!

クラウンを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

日産 スカイライン

日産 スカイライン 2018

景気後退によって日本自動車メーカーは高級セダンからの撤退が相次ぎ、ライバルも少なくなりました。同クラスの他社セダンでは日産スカイラインが最有力となります。

トヨタ・日産の高級セダン対決と言えば長らくクラウン対セドリック/グロリアでしたが、日産の車種構成見直しによってスカイラインは3.5L V6+モーターを搭載する上級セダンの位置になりました。

かつては非常に人気車種でしたが、セダン離れや大型化などにより人気面ではクラウンに及ばず、値引きも引き出しやすい状況にあります。クラウンとの競合を全面に出して、大きな値引きを引き出しましょう。

日産 新型スカイライン値引き2019年11月-納期/実燃費/価格の評価
日産 新型スカイラインの値引き/納期/実燃費レポート (2019年11月2日更新) 1957年に初代モデルが...

 

メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス 2015

長らく安定した人気を誇るメルセデスベンツ Eクラス。高級輸入車なので価格帯はクラウンより上にありますが、Eクラスのエントリーグレードとクラウンの上級グレードの価格帯がラップしてきます。

フルモデルチェンジでより精悍なデザインとなりました。あまり大っぴらな車両値引きは難しいですが、オプション、メンテナンスサービス、金利などの周辺的な部分からの値引きを引き出すなどを引き出しましょう。

競合車を使ってクラウンの値引き交渉を

クラウン/ハイブリッドの値引きを引き出すにあたっては、上記のフーガ/ハイブリッド、Eクラスの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、クラウン/ハイブリッドの値引きを引き出し易くなります。

btn_8190_600x100

新型クラウンの長所と短所

新型クラウンの長所

スポーティさと豪華さをバランスよく成立

トヨタ クラウン 特別仕様車 S“Elegance Style”(2.5L ハイブリッド車)(内装色 : こがね)

先代クラウンではエレガントな「ロイヤル」とスポーティな「アスリート」シリーズを2つ設定する事で、嗜好の異なるユーザーに別々のアプローチをしていましたが、新型クラウンではその垣根が取り払われ「クラウン」へと一本化しました。

ロイヤルシリーズの持っていたエレガントさとアスリートシリーズの持っていたスポーティさを巧みにバランスし、両方の持つ良さを融合しています。

コネクティッドの初導入

クラウンはトヨタが導入を進めている通信サービス「コネクティッド」の初導入車両となりました。専任のオペレーターに口頭で情報の検索や配信を依頼できます。T-Connect for CROWNではナビの目的地設定に加え、ホテルやレストランなどの予約サービスにも対応しています。

新型クラウンの短所

かなり底上げされた価格帯

充実したフルモデルチェンジが実施され、非常に大きな進化を遂げた15代目クラウン。先代モデルは370万円台からラインナップされていましたが、2.0Lターボの「B」で460万円台からとなり、モデルチェンジに合わせて価格帯が大きく上がりました。

クラウンの値引きとリセールバリュー込の総合評価:4.0 (5段階評価)

トヨタ クラウン 特別仕様車 S“Elegance Style”(2.5L ハイブリッド車)(ホワイトパールクリスタルシャイン)

買って損のないトヨタの看板商品

一時はセルシオにフラッグシップの座を譲っていたものの、レクサスとの棲み分けも済み、トヨタのフラッグシップとして半世紀に渡り存在し続けてきたクラウン。

トヨタのクラウンに対する思いは非常に強く、その時代に合わせて最高水準のエネルギーを注いで開発されてきました。新型クラウンもこれまでの例に漏れず、非常に高水準の造り込みがなされています。

ボディ、パワーユニット、先進技術などあらゆる面から見てもスキのない出来で、価格は上昇したもののリセールバリューも高く、買って間違いのないおすすめの一台です。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

クラウン新車値引き
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車