ダイハツ ミラ (3代目 1990-1994):軽自動車規格変更に対応しボディと排気量を拡大 [L200/210]

ダイハツ ミラ グランリミテッド (3代目 1990)

1980年に「MAXクオーレ・バン」の後継車種として登場した軽ボンネットバン「ミラ」は、乗用セダン「クオーレ」を統合した後1990年3月に5年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、3代目モデルに移行しました。軽自動車規格変更に対応し先代からボディサイズやエンジンの排気量が拡大された他、ターボエンジン搭載のホットハッチ「TR-XX」系が別シリーズとして独立しました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

エンジンは660ccに

ダイハツ ミラ (3代目 1990)

ボディタイプは先代同様、3ドアハッチバック/5ドアハッチバックの乗用セダンと3ドアハッチバックのバン、そしてトールワゴンタイプの「ウォークスルーバン」が用意されました。スタイリングは、直線基調のボディラインやスラントノーズなど、先代の特徴が踏襲されました。又、衝突安全対策として全車にサイドインパクトビームが採用されました。

ダイハツ ミラ (3代目 1990)

ボディサイズは全長3,295mm×全幅1,395mm×全高1,410~1,435mmで、軽自動車規格変更に伴い先代から全長が100mm延長されました。又、ホイールベースも30mm延長され2,280mmとなった他、車両重量が40~60kg程増加し570~690kgとなりました。駆動方式は当初はフルタイム4WDの設定が無く、FFとパートタイム4WDが用意されました。

ダイハツ ミラ (3代目 1990)

サスペンション形式は、フロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム独立懸架式(FF)・5リンク・リジッド式(4WD)が踏襲されました。エンジンは新開発された660cc直3SOHCのEF型で、当初6バルブキャブレターNA/12バルブキャブレターNA/12バルブキャブレターターボ/12バルブEFIターボの4種類が用意されました。

最高出力/最大トルクはそれぞれ40ps/5.3kgm、50ps/5.3kgm、61ps/8.6kgm、64ps/9.4kgmでした。トランスミッションは4速/5速MTと、3速に多段化されたトルコン式ATが設定されました。当初のグレード体系は、NAエンジン搭載の「2シーター」「A」「B」「J」「PADi」「グランリミテッド」、EFIターボエンジン搭載のセダン「TR-4EFI」がラインナップされました。

3代目ミラのCM (1990)

フルタイム4WD車や4WS車を追加

ダイハツ ミラ X4 (3代目 1990)

TR-XXシリーズはベースグレード/EFI/リミテッドのラインナップでした。そして1990年11月、EFIターボエンジン+フルタイム4WD方式の新グレード「X4」が追加されました。次いで1991年5月、TR-XXシリーズに4速トルコン式ATが設定されると共に、新グレード「アバンツァート」が追加されました。

ダイハツ ミラ AVANZATO (3代目 1991)

ダイハツ ミラ AVANZATO (3代目 1991)

追って同年8月のマイナーチェンジでエクステリアが一部変更されると共に、新グレードとして6バルブNAエンジン搭載の「Pit」「パディS」及び12バルブEFI NAエンジン(最高出力55ps/最大トルク5.8kgm)搭載の「グランEFIリミテッド」が追加されました。

ダイハツ ミラ AVANZATO (3代目 1991)

ダイハツ ミラ AVANZATO (3代目 1991)

更に同年11月、Jシリーズが一部改良を受けると共に、EFIターボエンジン搭載の「J-ターボ」が追加されました。次いで1992年8月のマイナーチェンジで内外装が変更されると共に、新グレードとしてEFI NAエンジン搭載の「Si」「Siキャンバストップ」及びEFIターボエンジンを搭載しフロントガードバーやルーフレール、背面スペアタイヤを装備した「RV-4」が追加されました。

ダイハツ ミラ RV4 (3代目 1992)

ダイハツ ミラ RV4 (3代目 1992)

ダイハツ ミラ RV4 (3代目 1992)

ダイハツ ミラ RV4 (3代目 1992)

同時に、TR-XXシリーズにフルタイム4WD車と4WS仕様車が追加されました。続いて1993年1月、専用エクステリアが備わる上級モデル「ミラ・モデルノ」が発売されました。

ダイハツ ミラ モデルノ (1993)

ダイハツ ミラ モデルノ (1993)

ダイハツ ミラ モデルノ (1993)

ダイハツ ミラ モデルノ (1993)

次いで同年8月の一部改良でグレード体系の見直しが行われ、Siキャンバストップとグラン系及び4WS車が廃止されました。そして1994年9月にフルモデルチェンジが実施され、4代目L500/510型に移行しました。

先代モデル:2代目ミラ

ダイハツ ミラ (2代目 1985-1990):プラットフォームやエンジンを一新し装備も充実 [L70]
1980年に「MAXクオーレ・バン」の後継車種として登場した軽ボンネットバン「ミラ」は、乗用モデルの「クオーレ」...

後継モデル:4代目ミラ

ダイハツ ミラ (4代目 1994-1998):スタイリングを一新し初の4気筒エンジンを用意 [L500/L510]
1980年に「MAXクオーレ・バン」の後を継ぐ軽ボンネットバンとして誕生した「ミラ」は、乗用セダン「クオーレ」を...

ダイハツ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

タント値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ タントの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、グレードの違い、おすすめグレード、値引き込み乗...
ロッキー/ハイブリッド値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ 新型ロッキーの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格...
ムーヴ値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ミラ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ