ダイハツ ミラ (2代目 1985-1990):プラットフォームやエンジンを一新し装備も充実 [L70]

ダイハツ ミラ (2代目 1985)

1980年に「MAXクオーレ・バン」の後継車種として登場した軽ボンネットバン「ミラ」は、乗用モデルの「クオーレ」と共に1985年8月に5年ぶりのフルモデルチェンジを受け、2代目モデルに移行しました。先代からプラットフォームやエンジンが一新され総合性能が向上すると共に、様々な快適装備が設定された事が特徴でした。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

リアサスペンションを変更

ボディタイプは当初、先代同様3ドアハッチバックとトールワゴンタイプの「ウォークスルーバン」が用意されました。スタイリングは、直線基調のボディラインやスラントノーズなど先代の特徴が踏襲されました。ハッチバックのボディサイズは全長3,195mm×全幅1,395mm×全高1,400~1,450mmで、先代から全高が若干高くなりました。

又、ホイールベースは100mm延長され2,250mmとなりました。駆動方式は先代同様FFとパートタイム4WDが設定され、サスペンション形式はフロントはマクファーソンストラット式が踏襲された一方、リアは先代のリジッド・リーフ式からFF車はセミトレーリングアーム独立懸架式に、4WD車は5リンク・リジッド式に変更されました。

3気筒エンジン採用でパワーアップ

ダイハツ ミラターボ TR-XX (2代目 1985)

エンジンは、従来の550cc直2SOHCのAB型から、新開発された直3SOHCのEB型に置換されました。AB型同様キャブレターNA仕様とキャブレターターボ仕様が用意され、最高出力/最大トルクは前者が32ps/4.4kgm、後者が50ps/7kgmとなり、先代からそれぞれ10%以上、20%以上のアウトプット向上を果たしました。

ダイハツ ミラターボ TR-XX (2代目 1985)

トランスミッションは先代同様、4速/5速MTと2速トルコン式AT(当初はNA車のみ)が設定されました。装備面では、エアコンやパワーステアリング、パワーウィンドウ、サンルーフが設定されるなど、先代から大幅な充実化が図られました。そして同年11月、それまでのトップグレード「ターボTR」の上級グレードとして、エアロパーツが備わる「ターボTR-XX」が追加されました。

ダイハツ ミラターボ TR-XX EFI (2代目 1987)

追って翌1986年1月には、5ドアハッチバックが追加されました。次いで1987年8月のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施されると共に、ターボ車に2速AT仕様が設定されました。更に同年10月、最高出力58ps/最大トルク7.4kgmのスペックを持つEFIターボエンジン搭載車と、同エンジンを搭載するフルタイム4WD車が追加されました。

ダイハツ ミラターボ TR-XX EFI (2代目 1987)

次いで1988年3月、割安な価格設定の特別仕様車「ミラ・パルコ」が設定され、同年10月にはEFIターボエンジンのアウトプットが最高出力64ps/最大トルク7.7kgmに向上しました。そして1989年4月にクオーレを統合した後、1990年3月にフルモデルチェンジが実施され、3代目L200/L210型に移行しました。

先代モデル:初代ミラクオーレ/ミラ

ダイハツ ミラクオーレ/ミラ (初代 1980-1985):MAXクオーレの後を継いだ軽ボンネットバン [L55]
ダイハツ工業は1980年6月に軽乗用車/バン「MAXクオーレ」に3年ぶりのフルモデルチェンジを実施し、乗用モデル...

後継モデル:3代目ミラ

ダイハツ ミラ (3代目 1990-1994):軽自動車規格変更に対応しボディと排気量を拡大 [L200/210]
1980年に「MAXクオーレ・バン」の後継車種として登場した軽ボンネットバン「ミラ」は、乗用セダン「クオーレ」を...

ダイハツ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

タント値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ タントの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、グレードの違い、おすすめグレード、値引き込み乗...
ロッキー/ハイブリッド値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ 新型ロッキーの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格...
ムーヴ値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ミラ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ