ダットサン フェアレデー1200 (初代 SPL212/SPL213 1960-1962):北米をターゲットにした元祖フェアレディ

ダットサン フェアレデー1200 '60

ダットサン フェアレデー1200 ’60

日産のオープン・スポーツカー「ダットサン フェアレデー1200」(発売当時、フェアレディではなくフェアレデーと呼んでいました。)の歴史は、1959年にまず前身となる「ダットサン スポーツ1000(S211)」が発売された事から始まりました。ダットサン スポーツ1000は、既に販売中であった4ドアセダン「ダットサン1000」のラダーフレーム・シャシーに、FRP製の4座コンバーチブルボディを架装して製造されました。

フェアレデーの名称はミュージカルから

当時の日産社長、川又克二氏が渡米した際に観覧したミュージカル「マイ フェア レディ」に由来すると言われています。それまでの「スポーツ**」という呼称も分かりやすくて良いのですが、フェアレデーという名称になり、グッと親しみやすさ・共感が湧く存在になったのではないでしょうか。

ダットサン フェアレデー1200 '60 (出典:wikipedia.org)

ダットサン フェアレデー1200 ’60 (出典:wikipedia.org)

当時は「スポーツカーに女性的なネーミングなんて如何なものか?」という批判的な声もあったようですが、流麗なプロポ―ションを持つこのクルマに、女性的なネーミングは非常にセンス溢れるものではないでしょうか。以降、2000年から2002年の空白期間はあったものの、日産を代表するスポーツカーのネーミングとして半世紀以上たった現在まで受け継がれています。

Fairlady spl212  (製作:イーエムズ)

スポーツ1000のデザインを踏襲しつつボディをスチール化

スタイリングは、ロングノーズ・ショートデッキのプロポーション。当時の国産車としては流麗かつスマートなものでした。基本的なスタイリングは、スポーツ1000とほぼ同一に保たれました。ボディは量産性を考慮しスチール製に変更。シャシーはダットサン トラックをベースに変更になりました。それに伴い車両重量は100kg以上増加し890kgとなりました。ボディサイズは、全長4,025mm×全幅1,475mm×全高1,365mm。2,220mmのホイールベースはスポーツ1000と共通でした。

ダットサン フェアレデー1200 SPL213 '60 (出典:cgc5081.cocolog-nifty.com)

ダットサン フェアレデー1200 SPL213 ’60 (出典:cgc5081.cocolog-nifty.com)

サスペンションは前:トーションバー、後:独立懸架/平行リーフ・リジッドで、 ダットサン スポーツ1000とな異なるメカニズムとなっています。

エンジンは、210型の後継モデル「ブルーバード(310型)」に搭載されていた1.2L 直4 OHVのE型に置き換えられ、最高出力48ps/最大トルク8.4kgmへとスペックが大幅に向上し、最高速度も132km/hまでアップしました。更に、同年10月には改良型のE1型に変更され、最高出力60ps/最大トルク9.3kgmまでスペックが向上しました。

ダットサン フェアレデー1200 SPL213 '60 (出典:cgc5081.cocolog-nifty.com)

ダットサン フェアレデー1200 SPL213 ’60 (出典:cgc5081.cocolog-nifty.com)

フェアレデー1200は、最初から北米市場を主なターゲットとした為、左ハンドル仕様となりましたが、そのままの仕様でごく少数が国内でも販売されました。生産台数はフェアレデー1200シリーズ累計で約500台。スポーツ1000よりは増加したものの、まだ普及する価格では無かった事もあり、量販スポーツカーとは言い難い数字でした。それには、後継モデルの「フェアレディ1500」の登場を待たなければなりませんでした。

歴代日産 フェアレディZ フルモデルチェンジの歴史
ダットサン フェアレデー1200 (初代 1960-1962 SPL212/SPL213) 北米をターゲッ...

日産 フェアレディZの購入を検討中なら、こちらもチェック!

日産 新型フェアレディZ値引き2019年12月-納期/実燃費/価格の評価
日産 新型フェアレディZの値引き/納期/実燃費レポート (2019年12月2日更新) 日産のスポーツカー「フ...