歴代日産 フェアレディZ フルモデルチェンジの歴史

ダットサン フェアレディ1200 (初代 1960-1962 SPL212/SPL213)

ダットサン フェアレディ1200 ’60

北米をターゲットにした元祖フェアレディ

日産のオープン・スポーツカー「ダットサン フェアレディ1200」の歴史は、1959年にまず前身となる「ダットサン スポーツ1000(S211)」が発売された事から始まりました。ダットサン スポーツ1000は、既に販売中であった4ドアセダン「ダットサン1000」のラダーフレーム・シャシーに、FRP製の4座コンバーチブルボディを架装して製造されました。

ダットサン フェアレディ1200 (初代 SPL212/SPL213 1960-1962):北米をターゲットにした元祖フェアレディ
日産のオープン・スポーツカー「フェアレディ」の歴史は、1959年にまず前身となる「ダットサン スポーツ1000(...

ダットサン フェアレディ (2代目 1962-1970 S310系)

ダットサン フェアレディ1500 SP310 ’62

国産車初の本格量販スポーツカー

「ダットサン・フェアレディ」は、1961年10月に2代目モデルが発表され、翌1962年10月に国内販売が開始されました。モデルチェンジと同時に排気量アップした事に伴い、車名が「フェアレディ1200」から「フェアレディ1500」に変更されました。シャシーを基本的に先代から踏襲しつつ、エンジンのパワーアップなどにより本格的なスポーツカーへと脱皮した事が特徴でした。

ダットサン フェアレディ (2代目 S310系 1962-1970):国産車初の本格量販スポーツカー
日産のオープン・スポーツカー「ダットサン・フェアレディ」は、1961年10月に2代目モデルが発表され、翌1962...

初代 日産 フェアレディZ (1969-1978 S30/S31)

日産 フェアレディZ 432 1969

廉価な割に高性能。頑丈なL型エンジン。伝説のZ-car

日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1969年10月、「フェアレディ」に替わるニューモデルとして発売が開始されました(両モデルを数か月間併売)。ボディがオープンからクローズドタイプに変わった他、構造が旧式なラダーフレームとリジッド式リアサスペンションから、近代的なモノコックボディと4輪独立懸架サスペンションに変わった事が大きな相違点でした。

日産 フェアレディZ (初代 S30/S31 1969-1978):廉価な割に高性能。頑丈なL型エンジン。伝説のZ-car
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1969年10月、「フェアレディ」に替わるニューモデルとして発売が開始さ...

日産 フェアレディ240ZG (S30 1971-1973)

日産 フェアレディ 240ZG 1972

北米仕様の排気量が2400ccであったのに対し、国内仕様は当時の税制面の問題などもあり2000ccのエンジンを搭載して発売されました。しかし、2400ccエンジン搭載車の発売を望む声が多かった為、その要望に応える形で1971年10月に2400cc版の「240Z」シリーズが発売されました。

日産 フェアレディ240ZG (S30 1971-1973):通称「Gノーズ」とオーバーフェンダーを装備した特別なZ
日産の3ドアファーストバック型スポーツカー「フェアレディZ」は、「フェアレディ2000」の後継モデルとして196...

2代目 日産 フェアレディZ (1978-1983 S130)

日産 フェアレディZ 1978-83

キープコンセプトで初代Z同様大ヒット

「フェアレディZ」は、1978年8月に9年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、2代目となりました。先代モデルがベストセラーであった為、冒険を避けキープコンセプトが貫かれ、エクステリアの雰囲気や基本メカニズムの多くを先代から踏襲した手堅い設計手法が取られました。

日産 フェアレディZ (2代目 S130 1978-1983):キープコンセプトで初代同様大ヒット
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1978年8月に9年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、2代目となりま...

3代目 日産 フェアレディZ (1983-1989 Z31)

日産 フェアレディZ 1983-89

空力特性に優れたボディを採用。ターボを主力に

「フェアレディZ」は、1983年9月に5年ぶり2度目となるフルモデルチェンジを実施し、3代目となりました。前回のフルモデルチェンジが初代からのキープコンセプトであったのに対し、3代目はエクステリアが大きくイメージを変えると共にパワートレインも刷新されるなど、大幅なリフレッシュが図られました。

日産 フェアレディZ (3代目 Z31 1983-1989):空力特性に優れたボディを採用。ターボを主力に
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1983年9月に5年ぶり2度目となるフルモデルチェンジを実施し、3代目と...

4代目 日産 フェアレディZ (1989-2000 Z32)

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

スタイリングを方向転換。ワイドボディのハイパワーマシンへ

「フェアレディZ」は、1989年7月に6年ぶり3度目となるフルモデルチェンジを実施し、4代目となりました。エクステリアデザインのポリシーが伝統のロングノーズ・ショートデッキからワイド&ローへと変わり、プロポーションが大きく変化すると共に、走行性能が一段と向上した事が特徴でした。

日産 フェアレディZ (4代目 Z32 1989-2000):スタイリングを方向転換。ワイドボディのハイパワーマシンへ
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1989年7月に6年ぶり3度目となるフルモデルチェンジを実施し、4代目と...

5代目 日産 フェアレディZ (2002-2008 Z33)

日産 フェアレディZ 200

2年ぶりのZ復活。内容を大幅刷新

「フェアレディZ」は、4代目モデルが2000年9月に生産終了となり一旦ラインナップから消えましたが、2002年7月に5代目モデルにリニューアルして復活を遂げました。35型「スカイライン」の兄弟車種となった事や、2by2の設定がなくなり2シーター仕様のみとなった事、エンジンが自然吸気に一本化された事など、多くの点で先代とは異なっていました。

日産 フェアレディZ (5代目 Z33 2002-2008):2年ぶりのZ復活。内容を大幅刷新
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、4代目モデルが2000年9月に生産終了となり一旦ラインナップから消えまし...

6代目 日産 フェアレディZ (2008- Z34)

日産 フェアレディZ Version ST 2015

ショート&ワイドなボディを採用し、性能も向上

「フェアレディZ」は、2008年12月に6年ぶり5度目のフルモデルチェンジを実施し、6代目となりました。ボディのディメンションが先代よりもショート&ワイドになった他、エンジンの排気量拡大やトランスミッションの改良などにより、更なる走行性能向上を図ったモデルとなりました。

日産 フェアレディZ (6代目 Z34 2008-):ショート&ワイドなボディを採用し、性能も向上
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、2008年12月に6年ぶり5度目のフルモデルチェンジを実施し、6代目とな...

 

日産 フェアレディZの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フェアレディZ値引き2020年10月-納期/実燃費/価格の評価
日産 新型フェアレディZの値引き/納期/実燃費レポート (2020年10月5日更新) 日産のスポーツカー「フ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フェアレディZ 歴代モデル
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ