日産 フェアレディZ (4代目 Z32 1989-2000):スタイリングを方向転換。ワイドボディのハイパワーマシンへ

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1989年7月に6年ぶり3度目となるフルモデルチェンジを実施し、4代目となりました。エクステリアデザインのポリシーが伝統のロングノーズ・ショートデッキからワイド&ローへと変わり、プロポーションが大きく変化すると共に、走行性能が一段と向上した事が特徴でした。

内外装を大幅にイメージチェンジ

スタリングは、ノーズを低く設計すると共に、先代のリトラクタブルヘッドランプからプロジェクター式固定ヘッドランプに変更した事などにより、イメージが一新されました。2シーター仕様と4シーター仕様の「2by2」でそれぞれ異なるボディが与えられる点や、Tバールーフ仕様が設定される点は踏襲されました。

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

ボディサイズは、全長4,310mm(2シーター)/4,525mm(2by2)×全幅1,790mm~1,800mm×全高1,245mm~1,255mmで、歴代モデルの中で最も全幅が広く全高が低いディメンションとなりました。ホイールベースは先代よりも延長され、2シーターが2,450mm、2by2が2,570mmとなりました。車両重量は先代より大幅に増加し、1,430kg~1,570kgとなりました。

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

インテリア面では、インパネのデザインが先代の直線的でシャープなイメージから一転し、曲線を基調としたものに変わりました。又、コンソールボックス上の丸型多連メーターは廃止され、ステアリング正面のナセル内に設けられた4連メーターのみとなるなど、シンプルなイメージに変化しました。

フェアレディZ(Z32)のCM

CM NISSAN FAIRLADY Z Z32 「スポーツカーに乗ろうと思う!」

エンジンを大幅にパワーアップ

サスペンションは一新され4輪マルチリンク式となり、ブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク式になりました。エンジンは3Lに一本化され、先代から受け継いだV6 DOHC NAのVG30DE型(最高出力230ps/6,400rpm、最大トルク27.8kgm/4,800rpm)と、同ツインターボのVG30DETT型(最高出力280ps/6,400rpm、最大トルク39.6kgm/3,600rpm)の2種類となりました。

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

日産 フェアレディZ 300ZX Twin Turbo T-Top 1989

共に先代から大幅なパワーアップを果たし、特にターボ車の最高出力は当時国産車トップの数値でした。トランスミッションは、先代同様5速MTと4速トルコン式ATが設定され、駆動方式は伝統のFRが踏襲されました。又、ターボ車には電子制御式4輪操舵システム「Super HICAS」が装備され、ハンドリングの向上が図られました。

コンバーチブルや新グレードを追加

1992年8月、歴代フェアレディZ初となるフルオープンモデル(但しルーフバーあり)の「コンバーチブル」が追加されました。2シーター仕様のみの設定で、屋根は手動開閉式のソフトトップが採用され、エンジンはNAのVG30DE型が搭載されました。ボディ補強に伴い、車両重量はクーペよりも90kg重くなりました。

日産 フェアレディZ Convertible 1992

日産 フェアレディZ Convertible 1992

次いで1993年10月に一部改良を実施し、ターボ車の4輪操舵システムが「電動Super HICAS」に変更されると共に、リアスポイラーがより大きいダウンフォース効果が得られるテールウイングに変更されました。翌1994年10月の一部改良においては、運転席SRSエアバッグシステムとビスカス式LSDが全車に標準装備されました。

又、各ボディに軽量化を図った新グレード「バージョンS」が設定された他、2シーターがMT仕様のみに、コンバーチブルがAT仕様のみになりました。次いで1997年1月の一部改良の際には、ABSを備える新グレード「バージョンR」が設定されると共に、ターボ車にもABSが標準装備されました。翌1998年10月にマイナーチェンジを実施し、外装の変更やボディ剛性の強化などが行われました。

日産 フェアレディZ Version R Twin Turbo 2by2 1992

日産 フェアレディZ Version R Twin Turbo 2by2 1992

4代目フェアレディZは、先代から更にパフォーマンス向上を果たしたものの、バブル崩壊に伴うスポーツカー市場の縮小により、国内販売は低迷しました。しかし、当時の日産の経営状態の問題から、2000年9月までの11年間に渡りフルモデルチェンジを行う事なく生産が継続され、結果として歴代フェアレディZとしてトップとなるロングスパンモデルとなりました。

先代モデル:3代目フェアレディZ

日産 フェアレディZ (3代目 Z31 1983-1989):空力特性に優れたボディを採用。ターボを主力に
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、1983年9月に5年ぶり2度目となるフルモデルチェンジを実施し、3代目と...

後継モデル:5代目フェアレディZ

日産 フェアレディZ (5代目 Z33 2002-2008):2年ぶりのZ復活。内容を大幅刷新
日産のスポーツカー「フェアレディZ」は、4代目モデルが2000年9月に生産終了となり一旦ラインナップから消えまし...

歴代フェアレディZ

歴代日産 フェアレディZ フルモデルチェンジの歴史
ダットサン フェアレディ1200 (初代 1960-1962 SPL212/SPL213) 北米をターゲッ...

日産 フェアレディZの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フェアレディZ値引き2020年8月-納期/実燃費/価格の評価
日産 新型フェアレディZの値引き/納期/実燃費レポート (2020年8月3日更新) 日産のスポーツカー「フェ...