ダッジ チャージャー (2代目 1982-1987):FF方式のコンパクトカーへと大きく変貌

ダッジ チャージャー 2.2 (2代目 1982)

クライスラー(現フィアット・クライスラー)は1982年、ダッジ・ブランドのFFコンパクトカー「オムニ」の上級グレード名を「024」から「チャージャー」に改め、さらに翌1983年には車名からオムニが外れ単なるチャージャーとなりました。このような経緯で誕生した2代目チャージャーは、大排気量エンジン搭載のマッスルカーであった初代チャージャーとはクラスやキャラクターが全く異なっていました。

エンジンは直4のみ

ダッジ チャージャー 2.2 (2代目 1982)

「プリマス・ホライズン」などと共通の「Lプラットフォーム」に架装されるボディは、2ボックス型の3ドアハッチバックのみの設定でした。スタイリングは直線基調で、太いCピラーと角型4灯式ヘッドランプを備えていました。ボディ・ディメンションは全長4,440mm×全幅1,679mm×全高1,290mm、ホイールベース2,450mmでした。

このディメンションは、初代チャージャーと比較すると二回り以上もコンパクトなものでした。エンジンは当初、1.6L直4SOHCシングル・キャブレター仕様(最高出力65ps/最大トルク12kgm)と、2.2L直4SOHCシングル・キャブレター仕様(最高出力97ps/最大トルク16.4kgm)の2種類が用意されました。エンジン・ラインナップの面でも、3.7~7.2Lを搭載した初代から大幅にダウンサイジングされました。

トランスミッションは、1.6Lには4速MTが、2.2Lには5速MTが組み合わせられました。また、ステアリング形式はロック・トゥ・ロック3.6回転のラック&ピニオン式が採用されました。ブレーキはフロントがベンチレーテッド・ディスク式、リアがドラム式で、ホイール&タイヤは5J×13インチホイール+165/80R13タイヤの組み合わせが装着されました。

ハイパフォーマンス版「シェルビー」も用意

ダッジ シェルビー チャージャー (2代目 1983)

また、ハイパフォーマンス版として最高出力が109psまで高められた2.2Lエンジン、強化された足回りやブレーキ、クイックなステアリングレシオ、専用フロントマスクなどが備わる「シェルビー」がラインナップされました。その後1984年に、シェルビー用エンジンの最高出力が112psに向上するとともに、3速トルコン式ATがオプション設定されました。

ダッジ シェルビー チャージャー (2代目 1983)

追って翌1985年には、2.2L直4SOHC電子燃料噴射ターボエンジン(最高出力148ps/最大トルク23.1kgm)を搭載する「シェルビーターボ」が追加されました。さらに1987年、2.2Lターボエンジンのアウトプットを最高出力177ps/最大トルク24.2kgmまで高めて搭載し、コニ製の車高調整式ダンパーやZ規格のタイヤなどが備わる「シェルビーGLHS」がリリースされました。

ダッジ チャージャー (2代目 1985)

パフォーマンスは最高速度が217km/hに達するなど、ベースモデルと比較するとはるかに高いものでした。そしてこの年、プラットフォームを共有する「ダッジ・デイトナ」に統合される形で生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダッジ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず