フォード エスコート (マーク3 1980-1986):全面的に刷新されFFハッチバックモデルに

フォード エスコート Coupe (マーク3 1980-1986)

フォード・モーター(英国フォード)から1968年にリリースされた小型乗用車「エスコート」は、1980年9月に5年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、マーク3に移行しました。駆動方式がFRから横置きFFに、ボディタイプがセダンからハッチバックに変更されるなど、それまでの旧態依然としていた成り立ちが全面的に刷新されました。

4輪独立懸架を採用

フォード エスコート Hatchback (マーク3 1980-1986)

ボディタイプは、当初用意されたのは3ドアおよび5ドアハッチバックで、スタイリングはごく短いノッチが備わる3ボックス型でした。また、空力特性向上にも配慮が行われ、Cd値0.39を実現しました。ボディサイズは全長3,970mm×全幅1,640mm×全高1,380mmで、全長はマーク2とほぼ同等だったものの、全幅と全高が拡大されました。ホイールベースは2,393mmで、僅かに短縮されました。

フォード エスコート XR3 (マーク3 1980-1983)

サスペンション形式は、フロントはマクファーソンストラット/コイル式を踏襲し、リアは旧式なリジッド・アクスル/リーフ式からトレーリングアーム/コイル式による独立懸架に変更されました。エンジンは当初、マーク2からキャリオーバーされた1.1L直4OHV「ケント・ユニット」と、新設計の1.3Lおよび1.6L直4SOHC「CHVユニット」が用意されました。

フォード エスコート XR3 (マーク3 1980-1983)

スペックは、1.1Lが最高出力51ps/最大トルク8.6kgm、1.3Lが最高出力70ps/最大トルク10.2kgm、1.6L標準仕様が最高出力80ps/最大トルク12.7kgm、同ハイチューン仕様が最高出力97ps/最大トルク13.5kgmでした。トランスミッションは従来同様、4速MTと3速トルコン式ATが設定されました。グレード体系は、下から「ポピュラー」「L」「GL」「ギア」「XR3」のラインナップでした。

ラインナップを拡充

フォード エスコート Cabriolet (マーク3 1983-1986)

これらの中で、1.6Lハイチューン仕様エンジンを搭載するXR3は、最高速度182km/hの性能を持っていました。ブレーキは、フロントはXR3にはベンチテーテッド型の、それ以外にはソリッド型のディスクブレーキを採用、リアは全車ドラム式でした。そして翌1981年、3ドアステーションワゴン「エステート」が追加されました。

次いで1983年には、5ドアエステートと2ドアカブリオレがラインナップに加わりました。さらにこの年、ハッチバック/カブリオレに1.6L直4SOHC電子燃料噴射仕様エンジン搭載の「XR3i」が設定された他、ハッチバックに1.6L直4SOHC電子燃料噴射仕様エンジン(最高出力115ps)搭載の「RS1600i」が追加されました。

フォード エスコート RS Turbo (マーク3 1985)

また、L/GLに1.6L直4SOHCディーゼルエンジン(最高出力55ps/最大トルク9.7kgm)搭載車が設定されたのも同年の事でした。次いで1985年、1.6L直4SOHCターボチャージャー仕様エンジン(最高出力134ps/最大トルク18.4kgm)+5速MTを搭載し、最高速度196km/h・0-60mph加速8.2sの性能を持つ「RSターボ」が追加されました。

そして1986年3月にフルモデルチェンジが実施され、マーク4に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず