トヨタ カリーナED (2代目 1989-1993):先代のコンセプトを踏襲しつつ世界初の機構も設定 [T18♯]

トヨタ カリーナED 1989-93

トヨタ カリーナED 1989-93

1985年に初代モデルがデビューしたトヨタのミディアムクラスモデル「カリーナED」は、1989年9月に姉妹車種「セリカ」「コロナクーペ(コロナEXiVに車名変更)」と共にフルモデルチェンジを実施し、2代目となりました。最大の特徴であった4ドアピラーレスハードトップボディや背の低いディメンションを先代から受け継ぎながら、世界初の機能を持つ4輪操舵システムが設定されるなど、新機軸も打ち出されました。

トヨタ カリーナED 1989-93

トヨタ カリーナED 1989-93

スタイリングは、小さなグリーンハウスや角型2灯式ヘッドランプ採用のフロントマスクなど、基本的なイメージを先代から踏襲しつつ、ボディラインは若干丸みを帯びたものに変化しました。ボディサイズは全長4,485mm×全幅1,690mm×全高1,315mmで、先代から全長が10mm、全高が5mm拡大されたのみで実質的に同サイズといえるものでした。又、ホイールベースも同一の2,525mmでした。

デュアルモード4WS搭載車を設定

サスペンション形式も4輪ストラット式を踏襲し、駆動方式も引き続きFFが採用されました。セリカやコロナEXiVと共に新設定された4輪操舵システムは、スポーツモードとノーマルモードの切り替えが可能な世界初のデュアルモード4WSで、操縦安定性に与える効果の他に、最小回転半径が未搭載グレードより0.5m小さくなる(5.2m→4.7m)メリットも生じました。

トヨタ カリーナED 1989-93

トヨタ カリーナED 1989-93

発売当初用意されたエンジンは、1.8L直4DOHCセントラルインジェクション仕様の4S-FI型(最高出力105ps/最大トルク15.2kgm)、2L直4DOHC「ハイメカツインカム」フューエルインジェクション仕様の3S-FE型(最高出力125ps/最大トルク17.2kgm)、同「スポーツツインカム」フューエルインジェクション仕様の3S-GE型(最高出力165ps/最大トルク19.5kgm)の3種類でした。

トヨタ カリーナED 1989-93

トヨタ カリーナED 1989-93

トランスミッションは、先代同様5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。発売時におけるグレード体系は、1.8L車が下から「F」「S」「1.8X」、2Lハイメカツインカム車が「Sリミテッド」「2.0X」、2Lスポーツツインカム車が「Gリミテッド」の全6グレードで、「F」を除く全グレードでデュアルモード4WS搭載車を選択する事が出来ました。

トヨタ 2代目カリーナEDのCM

CM / TOYOTA CARINA ED '90

仕様変更でエンジンや装備を改良

そして1990年8月に一部改良を実施し、1.8L車のエンジンがフューエルインジェクション仕様の4S-FE型(最高出力115ps/最大トルク16kgm)に置換された他、2Lハイメカツインカムの3S-FE型のスペックが最高出力140ps/最大トルク19kgmに向上しました。次いで1991年8月にマイナーチェンジを実施し、外装の一部変更と共に2WS車の後輪トレッドを10mm拡大、同時に1.8L車のフロントブレーキディスク径が拡大されました。

トヨタ カリーナED 1989-93

トヨタ カリーナED 1989-93

又、全車にオートエアコンが標準装備された他、オーディオシステムにDSP(デジタルシグナルプロセッサー)機能が追加されました。続いて1993年10月にグレード体系が見直され、1.8L車が「1.8F」「1.8X」の2グレードが基本となった他、2L車の各グレードを含め全グレードに「エキサイティングバージョン」が設定されました。そして1993年10月のフルモデルチェンジにより、3代目に移行しました。

先代モデル:初代カリーナED

トヨタ カリーナED (初代 1985-1989):トヨタ車初のピラーレス4ドアハードトップ [T16♯]
トヨタのミディアムクラスセダン「カリーナED」は、4代目「カリーナ」の派生モデルとして1985年8月に発売されま...

後継モデル:3代目カリーナED

トヨタ カリーナED (3代目 1993-1998):3ナンバーサイズ化とピラー付ボディに [T20♯]
1985年に初代モデルがデビューしたトヨタのミディアムクラスモデル「カリーナED」は、1993年10月に姉妹車種...

トヨタのセダン購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

カリーナ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車