トヨタ カリーナED (初代 1985-1989):トヨタ車初のピラーレス4ドアハードトップ [T16♯]

トヨタ カリーナED 1985-89

トヨタ カリーナED 1985-89

トヨタのミディアムクラスセダン「カリーナED」は、4代目「カリーナ」の派生モデルとして1985年8月に発売されました。トヨタ車として初めてピラーレス4ドアハードトップボディを採用したモデルで、カリーナの冠名を持つものの、プラットフォームや基本メカニズムは同時に発売された「セリカ」や「コロナクーペ」と共通となっています。その新鮮なフォルムが幅広い世代に受け入れられ、記録的なベストセラーカーとなりました。

グリーンハウスの小さなボディ

スタイリングは、直線基調のボディラインや角型2灯式ヘッドランプ採用のフロントマスクなど、ピラードセダンタイプのカリーナとも共通するデザインポリシーが採用されました。しかしながら、グリーンハウスの小さい2ドアハードトップ/クーペ風のフォルムを採用した事でイメージが一新され、それまでになかった新鮮味を醸す事に成功しました。

トヨタ カリーナED 1985-89

トヨタ カリーナED 1985-89

ボディサイズは全長4,475mm×全幅1,690mm×全高1,310mmで、4代目カリーナより125mm長く20mm広く、そして55mm低いディメンションでした。全高は2ドアスペシャリティカーのセリカと比較しても僅か15mm高いだけで、4ドア車としては非常に低いものでした。ホイールベースはカリーナより10mm長く、セリカ/コロナクーペと同一の2,525mmでした。

サスペンション形式はセリカ/コロナクーペ及びカリーナとも同一の4輪ストラット式で、駆動方式も同様にFFが採用されました。発売当初の搭載エンジンは、1.8L直4SOHCが2種類と、「スポーツツインカム」と呼ばれたハイパフォーマンスな2L直4DOHCの全3種類がラインナップされ、トランスミッションは5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。

初代カリーナEDのCM

TV CM トヨタ カリーナED (ST162)

エンジンは後に全車DOHC化

エンジンの仕様や型式・スペックは、1.8Lがセントラルインジェクション仕様の1S-iLU型(最高出力105ps/最大トルク16kgm)、及びフューエルインジェクション仕様の1S-ELU型(最高出力115ps/最大トルク16.7kgm)で、2Lがフューエルインジェクション仕様の3S-GELU型(最高出力190ps/最大トルク21kgm)でした。そして1987年5月に、マイナーチェンジが実施されました。

トヨタ カリーナED 1985-89

トヨタ カリーナED 1985-89

フロントグリルの奥にフォグランプを内蔵するなどのフェイスリフトが行われた他、上級グレードには「ED」のエンブレムがヘッドランプと連動して発光する「ブライトエンブレム」が採用されました。同時に1S-ELU型搭載車のエンジンが、「ハイメカツインカム」と呼ばれた2L直4DOHCフューエルインジェクション仕様の3S-FELU型(最高出力140ps/最大トルク19kgm)に置換されました。

トヨタ カリーナED 1985-89

トヨタ カリーナED 1985-89

続いて翌1988年5月に一部改良を実施し、1S-iLU型搭載車のエンジンがハイメカツインカムを採用した1.8L直4DOHCフューエルインジェクション仕様の4S-FiLU型(最高出力115ps/最大トルク16kgm)に置換された事で、全車DOHC化されました。そして1989年9月にフルモデルチェンジの実施により生産終了となり、2代目モデルにバトンタッチされました。

後継モデル:2代目カリーナED

トヨタ カリーナED (2代目 1989-1993):先代のコンセプトを踏襲しつつ世界初の機構も設定 [T18♯]
1985年に初代モデルがデビューしたトヨタのミディアムクラスモデル「カリーナED」は、1989年9月に姉妹車種「...

トヨタのセダン購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

カリーナ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ