フォード ギャラクシー (3代目 1965-1968):サスペンションを改良しエクステリアも一新

フォード ギャラクシー 500 LTD 4-door Hardtop (3代目 1965)

1959年に「フェアレーン500」の上級モデルとして誕生したフォード・モーターのフルサイズモデル「ギャラクシー」は、1965年に5年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、3代目モデルに移行しました。先代からリアサスペンション形式が変更されるとともに、エクステリア・デザインが一新されました。

縦型2灯式ヘッドランプを採用

フォード ギャラクシー 500 LTD 4-door Hardtop (3代目 1965)

ボディタイプは4ドアセダン、2ドア/4ドアハードトップ、2ドアコンバーチブルの4タイプのラインナップで、それまで設定されていた2ドアセダンは廃止されました。スタイリングは直線基調のボディラインを受け継ぎながらも、ヘッドランプがそれまでの横型2灯式から縦型2灯式に変更された事で、フロント周りのイメージが大きく変わりました。

ボディ・ディメンションは全長5,334mm×全幅2,007mm×全高1,412mm(セダン)/1,387mm(ハードトップ)/1,392mm(コンバーチブル)、ホイールベース3,023mmで、先代と実質的に同等でした。サスペンションは、リアがそれまでのリジッド・リーフ式から3リンク・リジッド/コイル式に変更されました。駆動方式は従来同様、コンベンショナルなFRが踏襲されました。

フォード ギャラクシー 500 M-Code 2-door Hardtop Experimental (3代目 1965)

エンジンは当初、3.9L直6OHV(最高出力152ps/最大トルク32.4kgm)、4.7L V8OHV(最高出力203ps/最大トルク39kgm)、5.8L V8OHV(最高出力253ps/最大トルク48.6kgm)、6.4L V8OHV(最高出力319ps/最大トルク59kgm)、7L V8OHV(最高出力431ps/最大トルク66.4kgm)が用意されました。トランスミッションは、先代同様3速MT/OD付3速MT/4速MTおよび3速トルコン式ATが設定されました。

ステアリング形式はリサーキュレーティング・ボール式を踏襲し、ブレーキは先代が全車4輪ドラム式であったのに対し、一部モデルのフロントにベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。また、インテリアは先代からインパネのデザインが一新されました。その後、1966年モデルから新しい7L V8OHVエンジン(最高出力350ps/最大トルク63.8kgm)が追加されました。

安全装備を強化

フォード ギャラクシー 500 Convertible (3代目 1966)

さらにこの年、アメリカ国内の安全基準改正に伴い、前後席にシートベルトが標準装備されました。次いで1967年モデルでは、フロントグリルの意匠が変更されるとともにバックランプが標準化されました。また、安全対策としてデュアルブレーキマスターシリンダーや衝撃吸収ステアリング、パッド付ステアリングホイールなどが採用されたのもこの年の事でした。

フォード ギャラクシー 500 XL 2-door Hardtop (3代目 1966)

続いて3代目モデル最後のモデルイヤーとなった1968年モデルでは、ヘッドランプが横型4灯式に変更されるとともに、4.7L V8OHVエンジンが4.9L V8OHVエンジン(最高出力213ps/最大トルク41.4kgm)に置き換えられました。そして1969年モデルは、全面改良された4代目モデルとなりました。

ニューモデルの購入検討中なら、こちらもチェック!

ハリアー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ハリアーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセール...
新型CX-30 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
CX-30の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどマツダ 新型CX-3...
キックス 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|KICKS購入ガイド
キックスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産 新型キックスの新...
ヤリスクロス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスクロスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ヤリス...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ