フォード サンダーバード (4代目 1964-1966):スタイリングを一新し再びスクエアなフォルムに

フォード サンダーバード (4代目 1964)

初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1964年に3年ぶり3度目のフルモデルチェンジを受け、通称「フレアー・バーズ」と呼ばれる4代目モデルに移行しました。流麗なスタイリングが持ち味だった先代から一転し、2代目モデルを彷彿とさせるスクエアなフォルムが採用されました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

先代同様4種類のボディを用意

フォード サンダーバード (4代目 1964)

2ドア4シーター仕様を踏襲するボディのラインナップは、先代同様にフィクスドヘッドのハードトップ、ビニールトップが備わるランドウトップ、電動ソフトトップが備わるコンバーチブル、トノカバーが用意されるスポーツロードスターの4タイプが用意されました。エクステリア面では前述した特徴の他、ボディ側面に彫刻的なプレスラインが施されました。

フォード サンダーバード (4代目 1964)

ボディサイズは全長5,217mm×全幅1,958mm×全高1,334mm(ハードトップ)/1,354mm(コンバーチブル)で、先代から全長・全幅が僅かに拡大されました。ホイールベースは2,875mmで、実質的に先代と同等でした。駆動方式はコンベンショナルなFRを踏襲し、エンジンも6.4L V8OHVがキャリオーバーされました。

ただし、先代にオプションで用意されていた高圧縮比仕様と3連キャブレター仕様は廃止され、10:1の圧縮比から従来同様の最高出力300hp/最大トルク59kgmのアウトプットを発生するシングルキャブレター仕様に一本化されました。組み合わせられるトランスミッションは、先代同様3速トルコン式ATのみの設定でした。

デビュー翌年ディスクブレーキを採用

また、ブレーキは当初は従来同様の4輪ドラム式が採用されました。ホイール&タイヤは5.5J×15ホイール+8.15-15タイヤの組み合わせで、従来から1インチ大径化されました。その後、1965年モデルでフロントグリルやテールランプの意匠などが変更されるとともに、テールランプにシーケンシャル・フラッシャーが採用されました。

フォード サンダーバード Convertible (4代目 1966)

さらに、フロント・ブレーキがディスク化された事も大きな変更点でした。続いて1966年モデルで再びフェイスリフトが実施され、フロント廻りの造形やテールランプの意匠などが変更されました。同時に、ハードトップが「タウン・ハードトップ」に、ランドウトップが「タウン・ランドウ」に置き換えられ、ルーフのデザインも変更されました。

フォード サンダーバード Convertible (4代目 1966)

また、エンジンもリニューアルされ、新たに7L V8OHVエンジン(最高出力345hp/最大トルク63.8kgm)が用意されるとともに、既存の6.4L V8エンジンの最高出力が315psに高められました(最大トルクは不変)。そして翌1967年にフルモデルチェンジが実施され、通称「グラマー・バーズ」と呼ばれる5代目モデルに移行しました。

先代モデル:3代目サンダーバード

フォード サンダーバード (3代目 1961-1963):スタイリングを一新しラインナップを拡充
初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1961年に...

後継モデル:5代目サンダーバード

フォード サンダーバード (5代目 1967-1971):斬新なスタイリングを取り入れ、より高級路線に
初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1967年に...

ニューモデルの購入検討中なら、こちらもチェック!

ハリアー 値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ハリアーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセール...
キックス値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
キックスの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格(支払い総額)...
ヤリスクロス値引き2022 納期 乗り出し価格 リセールバリュー 長所欠点を解説
ヤリスクロスの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、グレードの違い、人気ボディカラーランキング、おすす...
フィット値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ホンダ フィットの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格(支払...
タフト値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
タフトの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格(支払い総額)の...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

サンダーバード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ