日産スカイラインGT-S (R33):GT-Rじゃなくても凄い車だった9代目

日産 スカイライン GT-S25t

昔から一度は絶対に乗ってみたかった車が、日産のスカイラインで、子供の頃から憧れもあり、オーナーになるのが夢でした。GT-Rに乗るのが一番の夢でしたが、価格の高さもあり、中々手が出せずに発売される新しい型式のGT-Rを眺めているだけでした。

GT-Rでは無いですけど

そんな時ですがR33型のGT-Sに目が留まり、GT-Rでは無いですけど、外観のグラマラス感に目が留まり、中古車でしたがディーラー系列のお店で購入する事にしました。9代目スカイライン、95年式、R33型で色はブラックでした。走行距離は7万5千キロで価格は80万円でした。

実は購入前に色々と調べたのですが、この頃のスカイラインはとても錆び易く、ホイールアーチ周りから錆びが発生し易いと言う欠点がありました。もっと酷い場合は、サスペンションとボディの間が強度増しの為に二重になっていて、その間から錆が発生し、車検に通るのも時間の問題と言う場合もあります。

足回りが的確に路面を捉える

しかし購入した車は保管状態も良く錆びも無かったので、とても買い得な車でした。このスカイラインでの思い出ですが、友人四人で東京までドライブに行った事です。大阪から高速を使い、休憩をしながら行ったのですが、時間で10時間ほど掛かり、今迄で一番の長時間のドライブ記録になります。

あと、車のシートがスポーツタイプと言う事もあり、僅かに硬い感じがしたので長時間座るのには辛いかもしれないです。しかし、このGT-Sは凄い車でした。ステアリングは俊敏に反応をしてカーブに凄く強く、足回りが的確に路面を捉えるので、安心して運転が出来ます。加速も凄く素晴らしいです。

その後、着いたのは良いのですが、帰りも同じ時間が掛かると思うと、ちょっとうんざりしましたが、それでも仲間と一緒だったので気持ち的には楽しかったです。東京に着いてからの行動ですが、GT-Sで都内を回り、東京ドームから、秋葉原、名所という名所を回りました。

みんなハンドリング感が楽しいらしく

その度にお土産を買い、トランクに詰め込みましたが、あまりトランクは広くは無く、最後には辛くなったので座席の足元にお土産を置きました。あと、長距離を一人で運転するのは辛いので交代で運転をしましたが、みんなハンドリング感が楽しいらしく何かと理由を付けてハンドルから手を離そうとしなかったです。

首都高を走っているのが楽しいので、意味も無く首都高を2周、3周としたのが良い思い出です。スポーツカーを4人で乗って、長距離は少ししんどいかもしれないですが、一生の思い出になったので良かったです。