ホンダ クイント (1980-1985):シビックとアコードの間を埋める5ドアハッチ [SU]

ホンダ クイント 1980

ホンダ クイント 1980

本田技研工業は1980年2月、ホンダ・ベルノ店系列を通じて「シビック」と「アコード」の中間に位置する新型小型乗用車「クイント」を発売しました。開放的かつ広い室内空間とスポーティな走行性能を兼ね備えたモデルとして開発され、FFレイアウトや4輪ストラット式独立懸架サスペンションなど、シビック/アコードと共通の手慣れた機構が採用されました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

ボディは5ドアハッチバックのみ

ボディタイプは5ドアハッチバックのみのラインナップで、スタイリングはシビック/アコード譲りのシャープなフォルムと、大きなガラスエリアを持つ6ライトウィンドウの採用が特徴でした。ボディサイズは全長4,110mm×全幅1,605~1,615mm×全高1,355mm、ホイールベース2,360mmで、全長・全幅はシビック・ハッチバックよりも一回り大きく、アコード・ハッチバックに近いサイズでした。

ホンダ クイント 1980

ホンダ クイント 1980

エンジンは新開発された1.6L直4SOHC CVCC仕様のEP型(最高出力90ps/5,500rpm・最大トルク13.2kgm/3,500rpm)のみが用意され、トランスミッションは5速MT又はオーバードライブ付3速トルコン式AT「ホンダマチック」が組み合わせられました。又、ブレーキは全車にフロント:ディスク式/リア:ドラム式が採用されました。

ホンダ クイントのCM

上級グレードにパワステやハロゲンランプを装備

グレード体系は当初、下から「TL」「TS」「TE」の3タイプがラインナップされ、足回りはTLにフロント・スタビライザー付きサスペンション+6.15×13クロスプライタイヤが、TSにフロント・スタビライザー付きサスペンション+155SR13スチールラジアルタイヤが、TEに前後スタビライザー付きサスペンション+155SR13スチールラジアルタイヤが採用されました。

ホンダ クイント 1980

ホンダ クイント 1980

インテリア面では、大きく湾曲し助手席側がクリフカットされたデザインのインパネが採用されました。又、装備面ではTS/TEにテールゲートの閉め忘れや半ドア、ブレーキランプの球切れを知らせるセフティインジケーターやシートリフターが、更にTEにはパワーステアリングやハロゲンヘッドランプが標準装備されました。尚、エアコンは全車オプション扱いでした。

ホンダ クイント 1980

ホンダ クイント 1980

そして同年4月に最上級グレード「TER」が追加され、追って同年6月にはTE/TERにスチール製電動式サンルーフ仕様が追加されました。次いで翌1981年9月には、このモデル唯一となるマイナーチェンジが実施されました。そして1985年2月、後継車種「クイントインテグラ」にバトンタッチして生産終了となりました。

ホンダ クイント 1981

ホンダ クイント 1981

クイントは、シビックやアコードと異なり北米には輸出されなかったものの、欧州には「ホンダ・クインテット」として、オーストラリアには当時提携関係にあったローバーブランドによる「ローバー・クインテット」として輸出されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ホンダその他
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ