ホンダ HR-V (1998-2006):時代を先取りしたロゴベースのスモールSUV [GH1/2/3/4]

ホンダ H-RV 3ドア 1998-'03

ホンダ H-RV 3ドア 1998-’03

ホンダは1997年の東京モーターショーで、コンパクトカー「ロゴ」をベースとした新感覚の小型クロスオーバーモデル「J-JWJ」を発表、翌1998年9月に車名を「HR-V」に変更した上で市販を開始しました。カテゴリーの枠を超えた斬新なスタイリングやスポーティーな走行性能、様々なレジャー用途に応えるユーティリティー、世界最高水準の環境・安全性能をセリングポイントとしました。

新車購入ガイド:【2022最新】ヴェゼル値引き 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

個性的なスタイリング

ボディタイプはまず3ドアハッチバックが発売され、翌1999年7月に5ドアハッチバックが追加されました。スタイリングは、独特な形状のヘッドランプとアンダーガードを採用したフロントマスクや、3次元曲面ガラスを採用したテールゲートなど、個性的なディテールを備えていました。又、新・衝突安全設計ボディの採用により、優れた衝突安全性を実現した事も特徴でした。

ホンダ H-RV 3ドア 1998-'03

ホンダ H-RV 3ドア 1998-’03

ボディサイズは全長3,995mm(3ドア)/4,095mm(5ドア)×全幅1,695mm×全高1,575~1,590mmで、ロゴよりも一回り拡大され、ホイールベースは3ドアがロゴと同一の2,360mm、5ドアがそれより100mm長い2,460mmでした。又、車両重量は1,110~1,270kgでした。駆動方式はFFとフルタイム4WDが設定され、後者はデュアルポンプ式によるオンデマンドタイプでした。

新車購入ガイド:【2022最新】フィット値引き 納期

エンジンは2タイプを用意

サスペンション形式はフロントがストラット式で、リアがFFはリジッド・アクスル式、4WDがドディオン・アクスル式でした。エンジンはクリーンな排出ガスを実現した1.6L直4SOHC のD16A型で、最高出力105ps/最大トルク14.1kgmの非VTEC仕様と、最高出力125ps/最大トルク14.7kgmのVTEC仕様の2タイプが用意されました。トランスミッションは、CVTと5速MTが設定されました。

ホンダ H-RV 3ドア 1998-'03

ホンダ H-RV 3ドア 1998-’03

発売当初のグレード体系は、FFの「J」、4WDの「J4」、同VTEC仕様の「JS4」の3タイプがラインナップされました。そして1999年7月に、前述の5ドア車追加と同時に3ドア車に一部改良が施され、内装の変更や装備の充実化が行われました。次いで2001年7月にマイナーチェンジが実施され、内外装の変更や装備の充実化などが行われた他、FF車にVTEC仕様グレード「JS」が追加されました。

ホンダ H-RV 5ドア 1999-'00

ホンダ H-RV 5ドア 1999-’00

続いて2003年10月に2度目のマイナーチェンジが実施され、「J/J4」にフルオートエアコンや本革巻きステアリングホイールなどが、「JS/JS4」に16インチアルミホイールやフロントアンダースポイラーなどが標準装備されました。同時に3ドアが廃止され、5ドアに一本化されました。そして2006年2月、後継モデルの発売もないまま1代限りで生産終了となりました。

ホンダ H-RV 5ドア 1999-'00

ホンダ H-RV 5ドア 1999-’00

尚、特別限定車として2000年2月発売の「プレイヤー」、同年8月発売の「ナビプレイヤー」、2001年2月発売の「サウンドプレイヤー」、同年12月発売の「Jスペシャル」「J4スペシャル」、2002年12月発売の「スーパープレイヤー」が存在しました。

新車購入ガイド:エクストレイル値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ホンダその他時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ