光岡 ヌエラ (初代 2004-2008):ホンダ・アコードをベースとしたミディアムサルーン [ABA/CBA]

光岡 ヌエラ (初代 2004-2008)

光岡自動車は2004年4月、新型ミディアムサルーン「ヌエラ」を発売しました。ホンダ技研工業と業務提携により誕生したモデルで、プラットフォームや基本コンポーネンツ、ボディシェルの一部を7代目「ホンダ・アコード」と共有しながらも、往年のジャガー車を彷彿とさせるクラシカルな雰囲気に仕立てられたことが特徴でした。

アコードから全長を延長

光岡 ヌエラ (初代 2004-2008)

ボディタイプは5人乗りの4ドアセダンのみの設定で、エクステリア・デザインはグリーンハウスやドアパネルなどはアコードと共通であったものの、ノーズが延長されるとともに、丸型4灯式ヘッドランプや縦長のグリルなどフロントまわりにオリジナルの造形が採用されました。また、リアコンビネーションランプも左右がつながった専用の意匠となっていました。

光岡 ヌエラ (初代 2004-2008)

ボディサイズは全長4,680mm×全幅1,760mm×全高1,450mmで、アコードから全長が195mm延長されていました。一方、ホイールベースは同一の2,670mmであったため、フロントオーバーハングの長いプロポーションとなりました。サスペンション形式は、アコード同様のフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:5リンク・ダブルウィッシュボーン式が踏襲されました。

エンジンは2種類

光岡 ヌエラ (初代 2004-2008)

駆動方式はアコード同様FFとフルタイム4WDが設定され、エンジンはホンダ製2L直4DOHCのK20A型(最高出力155ps/最大トルク19.2kgm)および2.4L直4DOHCのK24A型(最高出力200ps/最大トルク23.7kgm)が用意されました。トランスミッションは、全車5速トルコン式ATとの組み合わせでした。また、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が装備されました。

光岡 ヌエラ (初代 2004-2008)

当初のグレード体系は、下から2Lエンジン搭載の「20ST」「20LX」、2.4Lエンジン搭載の「24ST」「24LX」の4タイプがラインナップされました。安全装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグシステムやEBD&ブレーキアシスト付きABSなどが標準装備されたほか、さらに最上級の24LXには車両安定化制御システム「VSA」が採用されました。

その後2005年2月に、アコードの仕様変更にともないヌエラにも仕様の変更が行われると同時に、24STが廃止されました。次いで2006年2月、再びアコードに仕様変更が実施されたことにともないマイナーチェンジが実施され、大径自発光メーターの採用、ステアリングホイール&シフトレバーやホイールのデザイン変更といったリファインが施されました。

同時に、オプションのカーナビがDVD方式からHDD方式に変更されました。そして2008年3月を持って生産を終了、それから4か月後の7月に2代目モデルがリリースされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

光岡時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ