日産 パルサーエクサ (1982-1986):サブネームの付加と同時にスタイリングを一新 [N12]

日産 パルサーEXA Turbo R 1984

日産自動車は1982年4月、同社のエントリーモデルである「パルサー」に5年ぶりのフルモデルチェンジを実施し2代目N12型に移行させると共に、引き続き設定されたクーペに「エクサ(EXA)」のサブネームを付加しました。同時に、ボディタイプが従来のガラスハッチ付3ドアクーペから独立したトランクルームを持つ2ドアクーペに変更されました。

リアサスペンションを変更

スタイリングも先代のファストバックからノッチバックに変貌すると共に、リトラクタブルヘッドランプが採用されるなど、大幅なイメージ刷新が図られました。同時に空力特性向上にも注力され、Cd値0.37を達成しました。ボディサイズは全長4,125mm×全幅1,620mm×全高1,355mmで、先代から全長が160mm程拡大されました。

日産 パルサーEXA Turbo R 1984

又、ホイールベースも20mm延長され2,415mmとなった一方で、車両重量は先代より軽い795~830kgとなりました。サスペンションは、先代の4輪ストラット式からリアがセミトレーリングアーム式に変更されると同時に、ハッチバックやサルーンには備わらないフロントスタビライザーが装着されました。

駆動方式はFFを踏襲し、エンジンは当初先代からのキャリオーバーとなる1.5L直4SOHC電子制御式キャブレター仕様のE15S型(最高出力85ps/最大トルク12.3kgm)と、そのEGI版となるE15E型(最高出力95ps/最大トルク12.5kgm)が用意されました。組み合わせられるトランスミッションは5速MTの他、前者には3速トルコン式AT「ニッサンマチック」が用意されました。

日産 パルサーEXA Turbo R 1984

その他の機構面では、ステアリング形式はラック&ピニオン式が、ブレーキはフロント:ディスク式/リア:ドラム式が採用されました。又、タイヤは165/70SR13サイズのスチールラジアルタイヤが装着されました。一方インテリア面は、水平基調のインパネに設けられた丸型3眼式メーターや、2本スポーク式ステアリングホイール、セミバケットタイプのフロントシートなどが採用されました。

当初のグレード体系は、E15S型エンジン搭載の標準グレード「EXA」とE15E型エンジン搭載の上級グレード「EXA・E」のラインナップで、装備面では両グレードに電動式リモコンフェンダーミラーやAM/FMマルチラジオ、トランクスルーシートなどが備わる他、更にEXA・Eにはガラスサンルーフや燃料残量警告灯が標準装備されました。

ターボ車やコンバーチブルを追加

EXAのみにパワーステアリング装着車が設定されました。そして1983年5月の一部改良で国産車初のドアミラーが採用されると同時に、E15E型にターボチャージャーを装着したE15ET型エンジン(最高出力115ps/最大トルク17kgm)を搭載し、強化サスペンションや4輪ディスクブレーキ、175/70SR13タイヤ、専用バケットシートなどが装備される「EXAターボ」が追加されました。

日産 パルサーEXA Turbo R 1984

次いで1985年5月、この車種を扱うチェリー店の発足15周年記念モデルとして、E15S型エンジンを搭載するソフトトップカブリオレ「EXAコンバーチブル」が100台限定で発売されました。そして1986年10月にパルサーのフルモデルチェンジが実施されると、クーペはパルサーから独立すると共に、車名が「パルサーエクサ」から「エクサ」に変更されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

パルサー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車