日産 バネット (初代 C120 1978-1988):サニーキャブ/チェリーキャブ後継のバン/トラック

日産 バネット 1978

日産 バネット 1978

日産自動車は1978年11月、「サニーキャブ/チェリーキャブ」の後継車種となるキャブオーバー型トラック及びワンボックス車「サニーバネット/チェリーバネット」を発売しました。従来同様前者はサニー店、後者はチェリー店で販売された一方、両者が全く別設計であった先代と異なり、シャシーやボディを共有する姉妹車種となりました。

サニーキャブ同様のFR方式を採用

ボディタイプは2ドアトラックと、5ドア・ワンボックス型ボディを持つ6人乗り商用ライトバン及び9人乗り乗用ワゴン、右側スライドドアのない4ドアの商用車がラインナップされました。サニーバネットとチェリーバネットの外観上の相違点は、エンブレムの相違など僅かなものでした。コーチのボディサイズは全長3,900mm×全幅1,600mmで、ホイールベースは2,075mmでした。

日産 バネット 1978

日産 バネット 1978

サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン/リーフ式、リアがリジッド・リーフ式で、駆動方式はFRが採用されました。エンジンは、先代からキャリオーバーされた1.2L直4OHVのA12型に加え、トラック/コーチに1.4L直4OHCのA14型が用意されました。

日産 バネット 1978

日産 バネット 1978

そして1979年7月のマイナーチェンジにより、ライトバン/コーチにハイルーフ仕様とロング標準ルーフ仕様が追加されました。更にライトバンにも1.4L車が追加されると共に、ライトバン/コーチ1.4L車のヘッドランプが従来の丸型2灯式から丸型4灯式に変更されました。同時に、トラック/ライトバンが昭和54年排出ガス規制に適合しました。

日産 バネット 1978

日産 バネット 1978

次いで1980年3月、日産店からも姉妹車種となる「ダットサンバネット」が発売されました。当初トラックは用意されずライトバン/コーチのラインナップであった他、エンジンは1.4Lのみが設定されました。追って同年6月の2度目のマイナージェンジにより、コーチのエンジンが1.5L直4OHVのA15型に置換されました。

ディーゼル車と2Lガソリン車を追加

同時に、既存グレード「DX」「GL」に加え角型4灯式ヘッドランプを採用する上級グレード「SGL」及び「SGLサンルーフ」が設定されました。続いて1981年6月、コーチに2L直4SOHCディーゼルのSD20型エンジン搭載車と、2L直4SOHCガソリンのZ20型エンジンを搭載する最上級グレード「SGX」が追加されました。

日産 バネット 1978

日産 バネット 1978

次いで1984年6月、コーチにガラスサンルーフ仕様の「パノラマルーフ」が追加された後、1985年9月にライトバン/コーチがフルモデルチェンジを受け2代目C22型に移行しました。残るトラックは、翌1986年7月にダットサンバネット版が追加された後、1988年9月にC22型にバトンタッチされました。

日産車の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

日産その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ