スバル B9トライベッカ (2005-2014):日本導入はなかった3列シートSUV

スバル B9トライベッカ 2006

富士重工業は2005年、アメリカおよびカナダ市場において、アッパーミディアムクラスの新型クロスオーバーSUV「スバル・B9トライベッカ」を発売しました。生産はアメリカのインディアナ州にある工場で行われ、翌2006年にはメキシコやヨーロッパ市場への輸出が開始されるなど、販売エリアが拡大されました。しかし、日本市場には最後まで導入されないまま終わりました。

初期型は個性的なフロントマスクが特徴

スバル B9トライベッカ 2006

5ドアボディのエクステリアは、丸みを帯びたフォルムが特徴でした。また、初期型は当時のスバル車のアイデンティティとなっていた「スプレッドウイングズグリル」と呼ばれる3分割式のフロントグリルと、異型ヘッドランプによる個性的なフロントマスクを備えていました。空力特性はクロスオーバーSUVとしては優秀で、Cd値0.38を実現していました。

ボディサイズは全長4,821mm×全幅1,877mm×全高1,690mmで、ホイールベースはプラットフォームを共有する「スバル・レガシィ」よりも80mmほど長い2,748mmに設定されていました。また、車両重量は1,885kgでした。サスペンション形式は、フロントはレガシィと同一のマクファーソンストラット式が踏襲された一方、リアはマルチリンク式に代わり専用設計のダブルウィッシュボーン式が採用されました。

スバル B9トライベッカの走行動画

B9 TRIBECA

フルタイム4WD仕様のみを用意

駆動方式は、前後トルク配分45:55固定式のフルタイム4WDのみの設定で、エンジンは当初、レガシィにも搭載されていた3L水平対向6気筒DOHCハイオクガソリン仕様のEZ30型(最高出力250ps/6,600rpm・最大トルク30.3kgm/4,200rpm)が搭載されました。組み合わせられるトランスミッションは、5速トルコン式ATのみの設定でした。

スバル B9トライベッカ 2006

ステアリング形式はラック&ピニオン式で、ブレーキは前後ともにベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。また、ホイール&タイヤは、前後とも8.0J×18インチホイール+255/55R18タイヤの組み合わせでした。一方室内は、3列シート7人乗り仕様のほか、2列シート5人乗り仕様も用意されていました。

フロントマスクを一新、「トライベッカ」に

スバル トライベッカ 2008

その後2007年にマイナーチェンジが実施され、車名が「スバル・トライベッカ」に変更されるとともに、不評であったフロントマスクの意匠が一新されました。フロントグリルは一般的な水平基調の一体型となり、ヘッドランプも横長の意匠に変更されました。同時に、モアパワーの声に応えるためエンジンが3.6Lに拡大されました。

スバル トライベッカ 2008

レギュラーガソリン仕様に変更されながらも、アウトプットが最高出力258ps/最大トルク35.7kgmに向上、従来同様5速ATとの組み合わせによるパフォーマンスは、最高速度207km/h・0-100km/h加速8.9sでした。そして2014年をもって生産を終了、後継モデルのリリースはなく1代限りでトライベッカの車名は消滅しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ