スバル ドミンゴ (初代 1983-1994):クラス唯一の7人乗りワンボックス車としてデビュー [KJ5/8]

富士重工業は1983年9月、軽ワンボックス車の「スバル・サンバートライ」をベースとしたリッターカークラスのワンボックス車「スバル・ドミンゴ」を発売しました。このクラスとしては唯一の7人乗り仕様で、コンパクトな車体や必要十分なパワー、価格の安さなどと相まって一部のユーザーに重用され、10年以上にわたり生産が続けられるロングセラーモデルとなりました。

大型バンパーなどにより差別化

ボディタイプは左右に後席用スライドドアが備わる5ドアのみの設定で、エクステリア面では大型の前後バンパーや角型4灯式ヘッドランプの採用などによりサンバートライとの差別化が図られていました。ボディサイズは全長3,425mm×全幅1,430mm×全高1,870~1,900mmで、サンバートライから全長が230mm、全幅が35mm拡大されていました。

一方、1,805mmのホイールベースは共通で、フロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式のサスペンション形式も踏襲されました。駆動方式は当初RRとパートタイム4WDが設定され、エンジンはコンパクトカー「スバル・ジャスティ」と共通の1L直3SOHC6バルブNAシングルキャブレター仕様のEF10型(最高出力48ps/最大トルク8.2kgm)が搭載されました。

組み合わせられるトランスミッションは5速MTのみの設定で、これは最後まで変わりませんでした。また、ブレーキはフロントにベンチレーテッド・ディスク式が、リアにドラム式が採用されました。ステアリング形式はラック&ピニオン式で、パワーステアリング装着車の設定はありませんでした。

スバル ドミンゴのCM

新車情報’86 スバル ドミンゴ4WD

フルタイム4WD車を追加

その後、1986年6月にフルタイム4WD車が追加されるとともに、4WD車に1.2L直3SOHC9バルブNAシングルキャブレター仕様のEF12型エンジン(最高出力52ps/最大トルク9.7kgm)が採用されました。同時に、サンルーフに両サイドの明かり窓を組み合わせた「サンルーフ・サンサンウインドウ」仕様車が追加されました。その後パートタイム4WDは廃止され、4WDはフルタイム方式に一本化されました。

そして1989年10月に、1Lエンジン+RR方式および1.2Lエンジン+フルタイム4WD方式の特別仕様車「ウェルフィー」が設定されました。さらに1991年5月には、1.2Lエンジン+フルタイム4WD方式を採用し、デュアルエアコンを標準装備した特別仕様車「GX-Xサンルーフ・サンサンウインドウ」が設定されました。

追って同年9月にラインナップの一部見直しが行われ、1992年3月には再びGX-Xサンルーフ・サンサンウインドウが設定されました。そして1994年9月にフルモデルチェンジが実施され、2代目ドミンゴ(FA7/8型)にバトンタッチされました。

スバル ドミンゴ (2代目 1994-1998):CVT仕様車を設定するとともに装備を充実化 [FA7/8]
初代モデルが1983年にリリースされた富士重工業の3列シート7人乗り仕様の小型ワンボックス車「スバル・ドミンゴ」は、...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ