三菱自動車eKワゴン、eKスペースなどで燃費試験の不正が発覚

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱自動車が販売するeKワゴン、eKスペースの燃費試験において不正が発覚。

対象となるのはeKワゴン、eKスペースの他、日産自動車で販売しているデイズ、デイズルークスも該当。三菱ブランドでの販売台数は計15万7千台、日産ブランドでの販売台数は計46万8千台となる。

次期モデル開発の参考データを取得するため、日産自動車が燃費測定を行ったところ、届け出していたデータとのかい離が大きく、三菱自動車が社内調査を実施。燃費計測時に走行抵抗を少なくする不正があったことを把握したという。

当該車種については生産・販売を停止し、すでに購入しているユーザーへの補償などは現時点では未定で、今後検討の上決定するとのこと。

三菱自動車の今後は

三菱自動車と言えば、2000年、2004年に発覚したトラック・バス部門でのリコール隠しが発覚。これらを端緒として乗用車の販売台数も激減。経営陣を刷新し経営再建を行ってきた。リコール隠し問題では、人命が失われるような深刻な事故に繋がっており、世間から企業倫理が厳しく問われた。

今回の燃費測定については、人命が失われるような事態には繋がらないものの、eKワゴン、eKスペースを購入したユーザーだけでなく、他の三菱車を購入したユーザーからの失望感も拭えない。

また、軽自動車の開発・生産で手を組んでいた日産自動車との関係も見直しが入るのは必須と言える。eKワゴンは2013年6月、eKスペースは2014年2月に発売したばかりの比較的新しいモデルで、期間の掛かる自動車開発においては新型車への切り替えは簡単ではない。

今回の件によって該当車種に対する信頼を失なうに留まらず、三菱自動車という会社に対する信頼が失われる事が大きな問題と言える。世論の動きによっては三菱自動車というブランドで自動車を製造・販売することが困難となるかもしれない。

パジェロやランサーエボリューションなど、記憶に残るクルマを生み出してきたブランドが今後どのようになるのか、今後の経過を真摯に見守りたい。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱 eKワゴン 自動車のコラム
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず