サーブ 9000 (1984-1998):フィアットとの共同開発により誕生したフラッグシップモデル

サーブ 9000 Turbo (1984)

かつてサーブの自動車部門として存在したサーブ・オートモビルは、1984年に「900」の上位に位置するフラッグシップモデル「9000」を発売しました。フィアット社との協業による「ティーポ4プロジェクト」により開発されたモデルで、「フィアット・クロマ」「アルファロメオ・164」「ランチア・テーマ」とはプラットフォームを共有する姉妹車種の関係にありました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

優れた空力特性を実現

サーブ 9000 Turbo (1984)

当初のボディタイプは、のちに「CC」と呼ばれることとなるファストバックの5ドアハッチバックのみのラインナップでした。スタイリングはサーブならではの強烈な個性が薄れ、無国籍風かつコンサバティブな雰囲気に変貌しました。空力特性は優秀で、Cd値0.34を実現していました。ボディサイズは、全長4,623mm×全幅1,765mm×全高1,430mmでした。

サーブ 9000 CD (1988)

900と比較すると、ショート&ワイドなディメンションとなっていました。一方で、ホイールベースは99よりも150mmも長い2,667mmに設定されました。駆動方式はそれまでのサーブ車同様FFで、エンジンは当初2L直4DOHCターボ(最高出力175ps/最大トルク27.8kgm)のみの設定でした。組み合わせられるトランスミッションは5速MTで、最高速度220km/hの性能を発揮しました。

セダンやターボ車などを追加

サーブ 9000 CD (1988)

また、サスペンション形式はフロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5リンク・リジッド式が採用されました。ブレーキはフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式で、ステアリング形式はパワーアシスト付のラック&ピニオン式が採用されました。一方装備面では、パワーウィンドウやリモコンドアミラーが標準装備されました。

サーブ 9000 Aero (1991)

そしてデビューした年の後半に、2L直4DOHC NAエンジン(最高出力137ps/最大トルク17.5kgm)が追加されました。次いで1986年にZF製の4速トルコン式ATの選択が可能になり、翌1987年には異なる意匠のフロントマスクとノッチバックのフォルムを持つ4ドアセダン「CD」がラインナップに加わりました。

サーブ 9000 CS (1996)

続いて1989年、2.3L直4DOHC NAエンジン(最高出力152ps/最大トルク21.6kgm)が追加され、追って翌1990年には、このエンジンにターボ版(最高出力200ps/最大トルク33.7kgm)が加わりました。さらに1991年、それまでのCCに代わるボディ・バリエーションとして、フロントまわりやリアまわりの造形を一新した5ドアハッチバック「CS」が登場しました。

サーブ 9000 CS (1996)

続いて1994年、フェイスリフトの実施と同時に3L V6DOHC NAエンジン(最高出力213ps/最大トルク27.5kgm)を搭載する「V6グリフィン」が追加されました。そして1997年に後継モデル「9-5」が登場したことを受け、翌1998年をもって生産終了となりました。9000は、日本市場にも各ボディおよび各エンジン搭載モデルが導入されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

サーブ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ