日産 レパード (2代目 1986-1992):2ドアボディのみのスペシャリティカーに路線変更 [F31]

日産 レパード 1986

日産 レパード 1986

1980年に「ブルーバード」の上位に位置する高級パーソナルカーとして発売された「レパード/レパードTR-X」は、1986年2月にフルモデルチェンジを受けると共にレパードに一本化されました。ブルーバードにV6エンジン搭載の上級グレード「マキシマ」が追加された事を受け、4ドアボディを廃止し2ドアボディオンリーのスペシャリティカーへと路線変更が図られました。

スカイラインとプラットフォームを共有

日産 レパード 1986

日産 レパード 1986

ボディタイプは、先代の2ドアモデルはセンターピラーレスのハードトップであったのに対し、Bピラーが備わるクーペに変更されました。スタイリングは斬新さが際立っていた先代に対し、コンサバティブな方向にイメージチェンジが図られました。ボディサイズは全長4,680~4,860mm×全幅1,690mm×全高1,370mmで、全幅を除き先代から拡大されました。

日産 レパード 1986

日産 レパード 1986

又、プラットフォームがR31型「スカイライン」と共有化されると共に、ホイールベースはそれと同一の2,615mmとなり先代からは10mm短縮されました。サスペンション形式は、先代並びにスカイラインと共通のフロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式が採用された他、減衰力を自動可変させる「電子制御スーパーソニックサスペンション」が設定されました。

日産 レパード 1986

日産 レパード 1986

2代目レパードのCM(1986)

日産 レパード 1986年

あぶない刑事 レパード走行シーン

あぶない刑事 レパード走行シーン(画質修正版)

エンジンは全車V6に

日産 レパード 1986

日産 レパード 1986

グラフィカル・デジタルメーターの作動シーン

F31レパードのデジパネ

駆動方式はFRが踏襲され、エンジンは直4/直6が廃止されて全車V6のVG型に統一されました。当初のラインナップは、2L SOHC NAのVG20E型(最高出力115ps/最大トルク16.6kgm)、同ターボのVG20ET型(最高出力155ps/最大トルク21.3kgm)、3L DOHC NAのVG30DE型(最高出力185ps/最大トルク25kgm)の3種類で、トランスミッションは先代同様5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。

日産 レパード 1986

日産 レパード 1986

その他の装備面では、車速感応油圧反力式電子制御パワーステアリングが採用された他、ABSも設定されました。発売時のグレード体系は、下から2L NAの2.0XJ/2.0XJ-Ⅱ、同ターボの2.0XS/2.0XS-Ⅱ、3Lの3.0アルティマがラインナップされました。そして1987年2月、2.0XJ-Ⅱ/アルティマをベースに装備を充実化した「グランドセレクション」が追加されました。

1988年8月にマイナーチェンジ

日産 レパード 1988

次いで1988年8月のマイナーチェンジにより、内外装デザインの変更や装備の充実化が図られると共に、トランスミッションが4速ATに一本化されました。同時に、VG20ET型エンジンがDOHC化されたVG20DET型エンジン(最高出力210ps/最大トルク27kgm)に置換された他、新たに3LターボのVG30DET型エンジン(最高出力255ps/最大トルク35kgm)が追加されました。

日産 レパード 1988

特にインテリアには大幅なテコ入れを実施。前期モデルは絶壁と言われていたインパネを大幅に変更。前期モデルの特徴であったグラフィカル・デジタルメーターは廃止、ホワイトのアナログメーターに変更となりました。

日産 レパード 1988

シート形状も見直され、中折れ機構付きの「パートナーコンフォートシート」を採用するなど、インテリアに関してはマイナーチェンジの枠を超えフルモデルチェンジのような変更となりました。

日産 レパード 1988

新車情報’88 日産 レパード アルティマ

新車情報'88 日産 レパード アルティマ

VG30DE型エンジンはアウトプットが最高出力200ps/最大トルク26.5kgmに高められました。又、グレード体系も見直され、下からXJV20E/XSV20ツインカムターボ/アルティマV30ツインカム/アルティマV30ツインカムターボのラインナップとなりました。そして1992年6月にフルモデルチェンジが実施され、3代目「レパードJ.フェリー」に移行しました。

日産 レパードJ.フェリー (3代目 1992-1996):スペシャリティクーペからラグジュアリーセダンに変貌 [JY32]
1980年に「ブルーバード」の上位に位置する高級パーソナルカーとして発売された「レパード」は、1992年6月に2...

前モデル:初代レパード

日産 レパード/TR-X (初代 1980-1986):ブルーバードの上位に位置する高級パーソナルカー [F30]
日産自動車は1980年10月、「ブルーバード」の上位に位置する高級パーソナルカーとして、日産店から「レパード」、...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

レパード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車