トヨタとスバルがEVの共同開発を発表-CセグメントのSUVを両社で販売

トヨタとスバルが共同開発するEV専用プラットフォーム(イメージ)

トヨタ)とスバルは、中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォーム、およびCセグメントクラスのSUVモデルのEVを共同で開発することに合意したことを公表た。両社は共同で開発した車両を、各々のブランドにて販売する予定としている。

電動化技術をトヨタ、AWD技術をスバルが提供

これらのプラットフォーム/車両の共同開発においては、トヨタが取り組んでいる電動化技術とスバルのAWD(全輪駆動)技術を活用。両社の持つ技術の強みを持ち寄るとしている。

86/BRZから続くトヨタとスバルの共同開発

トヨタ 86 特別仕様車 GT“British Green Limited”

トヨタとスバルは、2005年に業務提携について合意、2012年には共同開発した「TOYOTA 86」/「SUBARU BRZ」を販売。2018年にはトヨタの持つハイブリッド車技術に関する知見を活用し、プラグイン・ハイブリッド車「CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)」を米国で販売するなど、開発・生産・販売など様々な分野での協業を深めてきた。

SUBARU CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)

山積するEVの商品化に垣根を越えた共同体制

EVの商品化においては大容量電池の搭載が必要となっており、普及に際しては異次元の電池供給量が求められることに加え、航続距離や充電インフラ敷設状況によるクルマの使われ方の違いから、これまでのアプローチとは違った販売手法が求められるなど、現時点ではコスト・供給・売り方など様々な課題が山積している。

両社は、これら市場の多様化するニーズや様々な課題にスピード感を持って対応するために、これまでの発想にとらわれない新しいビジネスモデル、業界の垣根を超えて様々な仲間とともに取り組むことが必要との考えを示した。

Dセグメントセダン、SUVへも展開

今回はその第一歩として、両社がお互いの得意とする技術を持ち寄り、可能な部分は協調することで、その製品化を加速、EV専用プラットフォームを共同開発する。

同プラットフォームは、CセグメントからDセグメントクラスのセダン、SUV等の複数車種への幅広い応用や、効率的な派生車開発にも対応できるよう開発を進める方針。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタトヨタその他
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車