ダイハツ 7月発売予定の新型タントを先行公開

ダイハツ タント X

ダイハツは2019年6月6日、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」に基づく新技術を公表した。この新技術は、2019年7月にDNGA第1弾となる新型タントに採用する。また年内に第2弾の投入も予定しており、日本/新興国向け軽自動車・コンパクトカーの次世代スタンダードを目指すとしている。

現時点では価格、詳細なスペックは明らかにされていないが、ボディ、サスペンション、エンジン、トランスミッションなどを新開発、従来のタントに比べ約80kgの軽量化を果たしながら約30%の上下曲げ剛性があるという。

また、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」、駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」、「LKC(レーンキープコントロール)」などの先進安全技術も搭載予定となっている。

ダイハツ タント X(標準モデル)

エクステリア

新型タント

ダイハツ タント X

タント(従来モデル)

2018 ダイハツ タント L“リミテッドSAⅢ”

新型タント

ダイハツ タント X

タント(標準モデル)のデザインは、キープコンセプトで従来モデルの印象を踏襲しながら、ヘッドライトの薄型化、フロントグリルをブラックアウトなどにより精悍なものとしている。

インテリア

ダイハツ タント X

インテリアはエアコン吹き出し口にアクセントカラーの配色、ドアトリムのひし形状の模様を施すなどがされている。メーターはダッシュボード前方に横長の形で配置され、視線移動を軽減。

ダイハツ タント X

ダイハツ タント カスタムRS

エクステリア

新型タント カスタム

ダイハツ タント カスタムRS

タント カスタム(従来モデル)

2018年モデル ダイハツ タント カスタム RS“トップエディションリミテッドSAⅢ”

新旧タント カスタムを比較するとヘッドライト周りのデザインが大きく変更となっている。ヘッドライト中心にフロンドグリルからメッキパーツが横断し、縦に二段並ぶ印象となっている。

ルーフは2トーンカラーが設定されるようで、サイドにはアクセントパネルが配されている。

インテリア

ダイハツ タント カスタムRS

ダイハツ タント カスタムRS

ミラクルウォークスルー

ダイハツ タント ミラクルウォークスルーパッケージ

ダイハツ タント ミラクルウォークスルーパッケージ

従来は左側の助手席ドア、リアドアの間にあるBピラー(柱)をドアにビルドインし、大開口となるミラクルオープンドアは新型タントにも継続採用される。(新型タントの広報資料には「ミラクルウォークスルー」と表記されている)

 

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ダイハツ 新型タント/カスタム値引き2019年6月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ 新型タント/カスタムの値引き/納期/実燃費レポート (2019年6月2日更新) ダイハツのスー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツタント
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車