BMW 3シリーズ (3代目 E36 ’90-’00):クーペとハッチバックを追加しベストセラーカーに

シェアする

BMW 320i sedan 1991

BMW 320i sedan 1991 (出典:favcars.com)

BMWの主力モデル「3シリーズ」は、1990年9月に8年ぶり2度目のフルモデルチェンジを実施し、3代目モデルに移行しました。先代からスタイリングが一新されると共に、同シリーズ初の3ドアハッチバックが追加されるなどボディバリエーションの拡充も図られました。日本では1991年7月から販売開始となり、バブル景気も手伝いベストセラーカーとなりました。

ボディを拡大し空力特性を改善

まず最初にリリースされた4ドアセダンは、ガラスでカバーされたヘッドランプや大型化されたキドニーグリル、空力的洗練度を増しCd値0.3を実現したフォルムなど、スタイリングは先代から大幅なイメージチェンジが図られました。ボディサイズは全長4,435mm×全幅1,695mm×全高1,395mmで、先代からそれぞれ110mm×50mm×15mm拡大され、ホイールベースも130mm延長され2,700mmとなりました。

BMW 320i sedan 1991

BMW 320i sedan 1991 (出典:favcars.com)

サスペンション形式は、フロントは先代同様のストラット式を踏襲する一方、リアはセミトレーリングアーム式からセントラルアーム(マルチリンク)式に変更されました。駆動方式はFRのみの設定で、先代の途中から追加されたフルタイム4WDは最後までラインナップされませんでした。発売当初のグレード体系は、「316i」「318i」「320i」「325i」の4種類でした。

BMW 3シリーズ sedan 1990

BMW 3シリーズ sedan 1990 (出典:favcars.com)

搭載エンジンは、「316i」が1.6L直4SOHC(最高出力102ps/最大トルク14.4kgm)、「318i」が1.8L直4SOHC(最高出力113ps/最大トルク16.5kgm)、「320i」が2L直4SOHC(最高出力150ps/最大トルク19.4kgm)、「325i」が2.5L直6DOHC(最高出力192ps/最大トルク25kgm)で、日本には「316i」を除く3グレードが導入されました。トランスミッションは5速MTと4速/5速トルコン式ATで、日本にはATのみが導入されました。

2ドアセダンに代わり2ドアクーペを設定

BMW 3シリーズ coupe 1991

BMW 3シリーズ coupe 1991 (出典:favcars.com)

そして1992年に、先代までにラインナップされていた2ドアセダンに代わる2ドアモデルとして、「クーペ」が追加されました。セダンよりも15mm広く45mm低いディメンションが特徴で、日本にはまず「320iクーペ」と「325iクーペ」が導入され、翌1993年に1.8L直4DOHCエンジン(最高出力140ps/最大トルク17.8kgm)を搭載する「318isクーペ」が追加されました。

BMW 320i cabrio 1993

BMW 320i cabrio 1993 (出典:favcars.com)

次いで1993年に、2代目E30型のまま販売されていた「カブリオレ」がE36型に移行、日本には「325iカブリオレ」が導入されました。そして1994年に、全長をセダンから225mm短縮した3ドアハッチバックボディを持つ「コンペクト」が追加され、日本では翌1995年に「318tiコンパクト」及び「318tiコンパクトプラス」が発売されました。

BMW 318ti compact 1994

BMW 318ti compact 1994 (出典:favcars.com)

更に1995年、E30型のまま販売されていた最後のモデルであったツーリング(ステーションワゴン)がE36型に移行しました(日本未導入)。その後、「325i」に代わり2.8L直6DOHCエンジンを搭載する「328i」(最高出力193ps/最大トルク28.6kgm)と、新世代の2.5L直6DOHCエンジンを搭載する「323i」(最高出力170ps/最大トルク25kgm)が設定され、日本には1995~96年にかけて導入されました。

BMW 316i touring 1995

BMW 316i touring 1995 (出典:favcars.com)

更に、コンパクトのエンジンが1.9L直4DOHC(最高出力140ps/最大トルク18.3kgm)に置換され、1996年から日本でのリリースが開始されました。そして同年11月にエクステリア変更がメインのマイナーチェンジが行われた後、1998年にフルモデルチェンジを実施し4代目のE46型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK