デロリアン DMC-12 (’81-’82):不運に見舞われ短命に終わったレアなRRクーペ

シェアする

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:3dtuning.com)

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:3dtuning.com)

1975年に設立された米国の自動車メーカー「デロリアン・モーター・カンパニー」が1981年に発売を開始し、同社唯一の生産車となった車種が「DMC-12」でした。性能は凡庸であったものの、個性的なスタイリングや起業者デロリアン氏のスキャンダルを要因とする短期間での生産終了、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場した事などを要因として、今も熱狂的なファンに愛されています。

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:wikipedia.org)

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:wikipedia.org)

ジウジアーロデザイン、フレーム設計はロータス

ボディのデザインを手掛けたのは、世界的なデザイナーであるジウジアーロでした。ボディ形状は直線的なボディラインを持つファーストバックの2ドア・2シータークーペで、ガルウイングドアの採用が特徴でした。又、標準モデルのボディがステンレス製で表面がヘアライン仕上げとなっている事や、最後の2台が純金製ボディであった事も、DMC-12ならではの個性となっています。

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:classicins.com)

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:classicins.com)

フレーム設計を手掛けたのは英国のスポーツカーメーカー「ロータス・カーズ」で、Y型バックボーンフレームを採用し、サスペンション形式は前:不等長ダブルウィッシュボーン式/後:ダイアゴナルトレーリング・ラジアスアーム式でした。ボディサイズは全長4,267mm×全幅1,857mm(ミラー・トゥ・ミラーで1,988mm)×全高1,140mmで、ホイールベースは2,408mm、車両重量は1,244kgでした。

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:cargurus.com)

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:cargurus.com)

エンジンはPRVの2.8L V6 SOHC

エンジンはプジョー・ルノー・ボルボの共同開発による2.8L V6 SOHC燃料噴射式のPRV型で、スペックは触媒付の北米仕様で最高出力130ps/5,500rpm、最大トルク21.2kgm/2,750rpmという控えめなものでした。トランスミッションは5速MTと3速トルコン式ATが設定され、駆動方式はエンジンを車体後部に搭載し後輪を駆動するRRでした。その為、前後重量配分は35:65のテールヘビーでした。

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:commons.wikimedia.org)

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:commons.wikimedia.org)

装備面では、エアコンやパワーウィンドウ、カーオーディオ、電動ドアミラーといった快適装備が備わる一方で、ステアリングにパワーアシストは備わりませんでした。発売時の価格は2万5千ドル(1981年末で1ドル=220円、日本円換算で550万円程度)で比較的高価であった事、生産初期に頻発した不具合による信頼性の低下、コカイン所持容疑で社長のジョン・デロリアンが逮捕されるなどが重なり、デロリアン・モーター・カンパニーは生産開始の翌年に倒産。生産台数は8千台余りに過ぎませんでした。

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:countrycost.com)

デロリアン DMC-12 1981-82 (出典:countrycost.com)

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます