トヨタ クラウン (8代目 S13 ’87-’99):エアサスペンション車やV8エンジン車を設定

シェアする

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

1955年に初代モデルがデビューしたトヨタのプレミアムモデル「クラウン」は、1987年9月に7度目のフルモデルチェンジを実施し、8代目モデルとなりました。エアサスペンション車の設定や、追ってV8エンジン搭載車が追加されるなど新機軸が取り入れられました。又、セダンは8年間、ステーションワゴンは12年間生産が継続されるロングセラーとなりました。

フレームを高剛性化

スタイリングは先代よりも若干曲線的なボディラインに変化すると共に、「クリスタル・ピラー」と称する樹脂処理されたCピラーは廃止されました。シャシーはクラウン伝統のラダー型ペリメーターフレームを改良し、高剛性化が図られたものが採用されました。ボディバリエーションは、先代同様4ドアセダン/4ドアハードトップ/ステーションワゴン/ライトバンが設定されました。

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

ボディサイズは全長4,690~4,860mm×全幅1,690~1,745mm×全高1,400~1,550mmで、先代と大きな差はなく、ホイールベースも10mm長いのみの2,730mmでした。車両重量は先代よりも増加し、初期型で1,320~1,670kgとなりました。サスペンション形式はフロントが全車ダブルウィッシュボーン式で、リアは中級グレード以下にトレーリングリンク・リジッド式、上級グレードにセミトレーリングアーム独立懸架式が採用されました。

7種類のエンジンでスタート

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

エアサスペンションは、最上級グレード「ロイヤルサルーンG」のみに装備されました。駆動方式はFRを踏襲し、発売当初用意されたエンジンは、ガソリンユニットが2L直6SOHC NAの1G-E型(最高出力105ps/最大トルク16kgm)、同DOHC NAの1G-GE型(最高出力140ps/最大トルク17.6kgm)、同DOHC MSCの1G-GZE型(最高出力160ps/最大トルク21kgm)、3L直6DOHC NAの7G-GE型(最高出力190ps/最大トルク26kgm)の4種類でした。

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 1987-91 (出典:favcars.com)

又、先代に引き続き2.4L直4SOHCディーゼルユニットも用意され、NAの2L型(最高出力73ps/最大トルク15.2kgm)とターボの2L-T型(最高出力85ps/最大トルク19.2kgm)及び2L-TE型(最高出力94ps/最大トルク20.5kgm)がラインナップされました。トランスミッションは先代同様、4速コラム式及び5速フロア式のMTと、オーバードライブ付4速のコラム式及びフロア式のトルコン式ATが設定されました。

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンワゴン 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンワゴン 1987-91

グレード体系は、セダンが「スタンダード」「デラックス」「スーパーデラックス」「スーパーサルーン」「スーパーサルーンエクストラ」「ロイヤルサルーン」「ロイヤルサルーンG」の7グレード、ハードトップが「スーパーエディション」「スーパーセレクト」「スーパーサルーンエクストラ」「ロイヤルサルーン」「ロイヤルサルーンG」の5グレードでした。

又、ステーションワゴンには「スーパーデラックス」「スーパーサルーンエクストラ」「ロイヤルサルーン」の3グレードが設定されました。これらの内最上級グレード「ロイヤルサルーンG」には、4輪ESC(ABS)、マイコンオートデュアルエアコン、CDプレーヤー付ロイヤルサウンドシステム、エレクトロマルチビジョン(フロアシフト車のみ)などが標準装備されました。

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

そして1988年5月に一部改良を実施し、唯一のSOHCエンジンだった1G-E型がDOHCの1G-FE型(最高出力135ps/最大トルク18kgm)に置換されました。同時に、1G-GE型が最高出力150ps/最大トルク18.6kgmに、1G-GZE型が最高出力170ps/最大トルク23kgmにスペックアップしました。次いで1989年8月にマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトやテールランプの意匠変更が行われました。

V8エンジン車を追加

それと同時に、4L V8DOHCの1UZ-FE型エンジン(最高出力260ps/最大トルク36kgm)搭載車が追加された他、3L直6の7G-GE型エンジンがハイオク仕様となり、スペックが最高出力200ps/最大トルク27kgmに向上しました。又、4ドアハードトップに専用サスペンションやハイパフォーマンスタイヤを装備するスポーティグレード「アスリートL」がカタログモデルとして追加されました。

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

トヨタ クラウン ロイヤルサルーンHT 1987-91

次いで1990年8月に、2.5L直6DOHCの1JZ-GE型エンジン(最高出力180ps/最大トルク24kgm)を搭載する「2500ロイヤルサルーン」が追加され、1G-GE型エンジン搭載の「2000ロイヤルサルーン」は廃止されました。そして1991年10月に4ドアハードトップがフルモデルチェンジにより9代目に移行し、セダン/ステーションワゴン/ライトバンはフェイスリフトを行った上で販売が継続されました。

同時に4L V8車がカタログ落ちし、3L車のエンジンが2JZ-GE型(最高出力230ps/最大トルク29kgm)に置換されました。次いで1995年12月にセダンがフルモデルチェンジにより10代目モデルに移行し、従来型のまま残されたステーションワゴン/ライトバンの内、前者のみマイナーチェンジを受けました。そして1999年12月に、ステーションワゴン/ライトバンも後継モデル「クラウンエステート」に後を譲り生産を終了しました。

クラウンの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます